心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 02日

ヘルニアがあるけれども取るほどではない

これが現実なのか?

メールでのご相談

何か、すっきり致しました。こう動くとあの嫌な痛みが再発するのでは、ヘルニアだからそれが神経に触っているので痛いんだな、とか手術以外では取れないヘルニアだから、どうしようも無いけど何とかしてほしい、というような葛藤から開放されたように思います。

整形外科医も根源的にはヘルニアを取るしかない、だけど貴方の場合は手術する必要も無い大きさだ、とか言われ、では何をすれば突然起きる激痛(ぎっくり腰のような)から逃げられるんだ、と思い続け逃げ道の無い状態でした。

これからは出来るだけ積極的に行動したい、と考えられるようになりました。しかし、残念ながら**にはトリガーポイントとか、筋筋膜性疼痛症候群を理解しているドクターはいらっしゃらないようで、ちょっとがっかりしています。


「ヘルニアがあるけど取るほどでもない」このように言われるパターンがかなりありますね。お金を払って検査を受けて、意味のない診断を受けて動作恐怖に陥り、メールでのご相談で開放される。

突然起きる激痛はヘルニアのせいでないのはあきらかです。筋肉のspasm(痙攣)です。パターン化してしまったのです。すぐに下痢が起きる、すぐに動悸がするなどと同じことです。

はっきりさせましょう!「神経が圧迫されても痛みやしびれは生じません。」

たとえば、こんな想像をしてみてください。

あなたの踵の神経は踵骨と、地球によって圧迫を受けているのです。地球という大きなヘルニア(笑)

像の足の裏の神経はどうなっているのかな(笑)

痛みの生理学者熊澤先生もおっしゃっています。「神経線維は通常、その末端にある受容器から信号を伝えるものであって、その途中が興奮を起こしたりするようなことはありません。」

末梢神経はそんなにヤワではありません。ただ圧迫されたからといって何もおきません。絞扼(しめつける)されたときには麻痺が生じます(entrapment neuropathy)。

腰椎椎間板ヘルニアでは馬尾症候群、脊柱管狭窄症では馬尾型で、いずれも麻痺です。

http://junk2004.exblog.jp/5807271/

馬尾型は、自覚的には下肢、臀部および会陰部の異常感覚、膀胱直腸障害、下肢脱カ感や性機能不全を訴え、疼痛はない。他覚的には多根性障害を特徴とする。たとえぱ、責任高位がL4/5椎間である場合には、第5腰神経根以下の多根性障害を呈する。


次のように考えてみてください。

一過性に大きな外力が加わった→髄核が飛び出た。一方、筋肉がspasmを起こした。→痛みやしびれが長く続いた。

繰り返される微小損傷、あるいは日常生活動作で、MPSが生じた。そのため、腰の運動不足が生じ、椎間板の栄養状態は劣化し、痛みをかばう姿勢をとり続けたので、ヘルニアが生じた。

いずれが正解かは分かりませんが、どちらにしても、ヘルニアを治したところで、痛みやしびれが止まるということではありません。痛みやしびれは筋肉のspasmのせいなのですから。

手術をしてよくなる人もいますが、手術をするという儀式的な要素と、全身麻酔による筋弛緩効果などがspasmを止めたのでしょう。

しかし、また痛みが出てくる人はとても多いものです。

このように考えないとスジが通らないでしょ。

日本脊椎脊髄病学会

どちらの説に納得しますか?
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-02 00:36 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(14)
Commented by TK(タク) at 2008-02-02 11:09 x
> 本学会のテーマを「Spine Surgery based on Neurology(神経学に基づいた
>脊椎外科」」とさせていただきました。近年、インスツルメンテーション手術
>の進歩、内視鏡手術などの低侵襲手術の普及、保険医療上のDPCの取り入れなど
>で手術的治療の適応拡大が計られています。一方、画像診断の進歩により、脊
>髄症、椎間板ヘルニア、脊椎・脊髄腫瘍、脊椎感染症などの診断が容易になっ
>ています。また、頚部脊髄症では、脊柱管拡大術などの後方除圧術がより広く
>行われる様になり神経学的な高位診断がおろそかになっている様に感じます。
> そこで、本学会ではとかく画像診断を重視し手術適応を決めることの無いよ
>う、神経学の基本に戻って脊椎脊髄疾患の病態と治療方針の再検討を計りたい
>と考えています。特別講演や招待講演では、この様な観点からの講演をお願い
>する予定です。
http://www.jssr.gr.jp/meeting2008/aisatsu.html
本当にそう願いたいです。手術しなくてならないのは、神経学的に麻痺が生じた時だと思います。

これより、1ヶ月前には同じ場所で生理学の学会が開催されます。
Commented by bancyou1965 at 2008-02-02 23:08
は~、HPにこんな記載があれば、大概の人はそれを信じますよね。
でも、少しづつ患者さんは、気づき始めていると思います。医師の診断に納得出来ない。って感じの患者さんが増えているように思います。勿論、僕は診断権はありませんから、痛みの事実を説明するだけですが・・・
Commented by タカ at 2008-02-03 03:45 x
加茂先生、質問です。

筋筋膜疼痛症候群・線維筋痛症・慢性疲労症候群には類似点が多いように思うのですが、境界は曖昧ですよね?
私は、筋筋膜疼痛症候群をきっかけとして慢性疲労症候群も併発しているような気がするのですが、先生の病院で治療は可能ですよね?
ネットで調べると慢性疲労症候群の基準をかなり満たしているんです。

疲労・侮怠の程度は、PS(パフォーマンス・ステイタス)により判断される。CFS患者は、PS値が3-9の間である。
4 - 全身倦怠感のため、週に数日は社会生活や労働ができず、自宅にて休息が必要である。
5 - 通常の社会生活や労働は困難である。軽作業は可能であるが、週のうち数日は自宅にて休息が必要である。
6 - 調子のよい日には軽作業は可能であるが、週のうち50%以上は自宅にて休息している。

私の場合、自己診断で信頼性が低いですがPS値がたぶん5程度です。

お返事よろしくお願いします。
Commented by junk_2004jp at 2008-02-03 11:48
そうですね。筋肉がずーっと緊張していれば疲労しますね。
慢性疲労症候群、MPS、FM、うつ状態などはオーバーラップしていたりしますね。おなにカテゴリのように思います。
Commented by タカ at 2008-02-03 14:46 x
加茂先生、お返事ありがとうございます。

やっぱりそうですよね。
私は、とある病院(心療内科)で圧痛点を調べてもらって、軽い線維筋痛症もしくは筋筋膜疼痛症候群かもしれないねと言われました。慢性疲労症候群とは言われませんでしたが、これらは重なる部分が多いですよね。
うつ状態とも言われました。これだけ、調子悪いとうつ状態にもなりますよ。

ところで、最近、うつ病の認知度が上がってきて、体の不調を何でもうつ病で済ませる風潮が強い事に危機感を感じます。確かに体の不調の主原因がうつ病である事はあると思いますが、CFS・MPS・FMなどをうつ病と診断する危険性が懸念されます。
医師としては、とりあえず、うつ病の可能性があるって言ってれば楽ですからね。うつ病が医師の診断の逃げ道にならない事を切に願います。
Commented by teru at 2008-02-04 01:05 x
加茂先生に一票を。
私も担当医の説明に納得できなかったものです。
(整形外科の)医師の多くは、たくさん質問をすると不機嫌になって、怒ったり、他の診療科(心療内科等を含め)に行けなんて言いますよね。
大きなナゾなのです。いつかトイタダシテみたい。(ちょっと危険?でしょうか)
Commented by アクビ at 2008-02-04 13:12 x
私の元主治医はちょっと変わった人で、私がリハビリの運動後に歩行困難の状態が再発したので今やっている運動療法は不安であると訴えている私の言葉を遮って「じゃ、安心のためにMRI撮りましょう」と言いました。
安心のため?
確かに私はやや感情的に話をしていたと思います。
そりゃそうです、不安で仕方なかったんですから。
私の痛みは神経症状ではない、と最初から診断していたらしいところまでは正解なのだけど、この医者には痛みと麻痺の区別までは出来ていなかったということです。
まったく筋肉の症状としては捉えていませんでした。
MRI画像を見せながら、ほら確かにヘルニアはある、でもそんなに深刻じゃないですよ、安心しましたか?引き続きリハビリを続けましょう、と。
安心するわけないです。そしてTPブロック注射について質問したらすごく不機嫌になり、意味不明なことをブツブツ言っていました。
その後しばらくしてからその医師宛に手紙を書いて(資料を添えて)、診察券をお返ししました。

それでようやく本当にすっきりした気持ちになり、加茂医院まで足を運ぶことを決めたのでした。
昨年12月のことです。
Commented by junk_2004jp at 2008-02-04 13:38
「ヘルニアがあるけれども取るほどではない」というのは、「トゲがささっているけれども取るほどではない」と同じような感じにも受け取られますね。

それでは、「取らなければいけない」ようになるかもしれないということでしょうか。

MRIがないと患者さんが来ない、MRIを購入する、MRIを撮らないと経営が危なくなる、MRIを撮る、うまく説明ができない。

このような悪循環になっているわけですね。

若い医師は専門医を目指す、手術の数をこなさなければならない、手術のスキルを習うが、痛みの理論武装がおろそかになる。
Commented by TK(タク) at 2008-02-04 23:39 x
相互リンクを張られてる、「筋肉ドクターのアイアンクリニック」のブログ

>土曜日は開業準備でレントゲンの中古を入れる打ち合わせをした。開業にあたり私が思
>っているのは、営利目的の検査、治療は一切しないで、如何に儲けるかってことですね。
>親父はどうしても開業医が長いので、レントゲンを入れて一日何枚撮っていつペイする
>のか?とかレベルの低い金の話がすぐに出てくる。私としてはレントゲンをレントゲン
>でペイするのではなくて、必要最低限のレントゲン使用で、治療にプラスしてその方が
>健康になるためのことを利益源にしたいところなんですがね。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/42747/2622594#2622594
Commented by TK(タク) at 2008-02-04 23:40 x
つづき

>話は変わって、最近整形外科医と交流して思うのですが、やっぱり外科医って多くは手
>術職人なんですよね。どういうことかと言うと、手術したい人なんですよね。要するに、
>診察で切って良いかどうか選別しているだけで、あんまり保存的治療とか興味ない人が
>多い気がします。
>
>実際、心臓血管外科(胸部外科)医でも脳外科医でも多少そういう傾向はあると思うん
>ですよね。
>そして、その二つには、循環器内科や神経内科などの内科部門がしっかりあるんですが、
>整形外科って運動器に関しては無いんですよね。
>まあ、神経内科が運動器疾患もカバーしているのかもしれませんが。
>
>しかし、運動器に精通した保存的療法医も必要な気がしますね。
>急速に超高齢化する世の中で、欧米の5倍も安静神話で寝たきりが多いわが国には、世界
>に先駆けて運動器内科を必要としている気がするのは私だけでしょうか?
>
>整形外科医の発言でよく、整形内科医に成り下がりたくないとか言う人がいます。
>私は成り上がりたいですけどね。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/42747/2622602#2622602
Commented by TK(タク) at 2008-02-04 23:47 x
少し前、掲示板に書きましたが、、、、

TVドラマにもなった、「きらきら研修医」うさこ先生のブログです。
http://ameblo.jp/oda-miffy/entry-10060041676.html
Commented by TK(タク) at 2008-02-05 00:52 x
なんだか、昔あった、富士見産婦人科事件を思い出す。
ちょっと違うけどね。
Commented by アクビ at 2008-02-05 12:29 x
実は私の元主治医も、無駄な画像診断や手術は避けるべき、っていう考え方の方だったのです。
その病院(開業医)のホームページにそう書いていらっしゃいました。
そういうお医者さんにもかかわらず、残念ながら私の治療に関してはマニャル通りのことしかできなかったみたいで、それがすごく残念だったのと、何よりもお医者さん自身が何らかの疑問を持っていたなら、私の訴えにもっと親身に聞いて欲しかったな、と。
ちなみにMRI設備はないので、外部検査機関を紹介されてそこでやりました。
今にして思えば、「安心のためにMRI検査しましょう」というのは、私の安心のためではなくそのお医者さん自身がなにより安心したかった、というのが本音ではないかと思っています。
Commented by アクビ at 2008-02-05 12:30 x
(つづき)
それで何とか患者を納得させて、マニュアル通りのことをする。
「ヘルニア周辺の筋肉を鍛えて痛みを出にくくする」と言っていました。
その理屈に私は納得しませんでした。
なお、痛みのコントロールとして当初ロキソニンが処方されてましたが、まだ完全に収まらないうちに出してくれなくなりました。
理由を聞いたら、「痛みの出方の様子を見たいから」と言われました。
これはどういう意味だったのでしょう?
少なくとも、慢性痛に移行する懸念はあまり考えていなかったのだろうと思います。
しかも、すでに他の部位にも存在する慢性痛に関しても首を傾げていらっしゃいましたから・・・。
筋痛症の概念がまったくなかったのですね。
もっと広く知られるようになって、どこへ行っても正しい治療を受けられるようにして欲しいと思います。


<< MPS研究会、8人になりました      痛みを知る >>