2008年 02月 06日

多くの脊椎専門医は病態の把握の仕方が間違っている

イ*ターネ*ト医科*学

左足に坐骨神経痛の症状があり長時間座っていることが出来なかったため、内視鏡による椎間板ヘルニアの手術を受け退院しました。

手術後も入院している間は順調に回復していたのですが、退院直後に両足と腰に痺れと痛みを感じ回復しないため、MRIによる検査を受けました。主治医からは「ヘルニアは再発していません。現在の症状は回復過程のひとつです。正常に戻るまで三ヶ月程度はかかります。」との説明を受け、その後も自宅で療養しているのですが、現在でも未だ痛みと痺れが消えず、私としては早急に社会復帰したいと思っているのですが、一向に症状が改善されないため、本当に社会復帰できるまでに回復するのかが心配でなりません。

一般的に私のように椎間板ヘルニアの手術を受けた人が社会復帰できるようになるまでにはどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。


回答
しびれは神経の損傷ですので回復には時間がかかり、3ヶ月以上かかると思います。
____________

ではなぜ、術後は回復したのか?
では、一刻も早く手術をすすめるべきなのか?
神経の損傷に伴う、痛み、しびれとは、CRPSタイプ2、のことだが、手術で治すとうようなものではない。

神経が圧迫を受けて痛みやしびれが出ているという考えを改めないかぎり、納得いく回答は不可能です。

この方はたぶん殿筋や下肢筋のMPSなのでしょう。座位をとることによって罹患筋が刺激を受けて症状が誘発されるのでしょう。
_____________

もう一つ、気になりますので・・・・

この方はたぶんお子さんのいる30歳代の女性だろうと思います。エリーさんの掲示板で相談に対して、説明したことのある方ですが、みごとに相談に失敗しまして、脊椎専門医の方の意見に従われました。他の掲示板に書いていらっしゃるのをしばしばおみうけします。

たしかヘルニアの手術を2回ほどしていらっしゃるのではないでしょうか。固定術もしているのかもしれません。

主治医から、トレーニング・ジム、自転車こぎ、ルームランナーを禁止されているとのこと、悪化したら困るから。

定期的にMRIを撮って、あーのこーのと説明されているのでしょう。痛みが損傷モデルによって説明されるなら、究極はこういうことになってしまうのです。これはもう失敗だったということが定説になっています。そして医者によって病気が作られていきます。

オーストラリア・ビクトリー州の公的キャンペーン「腰痛に屈するな」

"Working Backs Scotland":腰痛の考え方を変えて、その影響を軽減"

先進国ではこのような公的キャンペーンが行われています。痛みの本態は特異的な疾患(悪性腫瘍、感染症、明らかな外傷)を除いてMPSなのです。MPSに対して適切な治療をすればいいのです。

専門外科医への早期紹介を減らすことを推奨した。・・・非生産的な診療方法をやめるよう、医師を説得する一番良い方法は何だろうか。(FILE210

筋痛なのに、かってに脊椎の病気、神経の病気と思い込んでいるのですからだめなのです。脊椎の腫瘍、感染症、骨折は脊椎の病気です。また、麻痺は神経の病気です。筋痛でも、しびれ感や筋力低下が生じますがこれを神経の麻痺だと誤診されないようにしてください。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-06 09:58 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by まま at 2008-02-07 09:07 x
私も5分と座っていられませんでした。椅子が怖い状態でかなり落ち込みましたが、日赤HP整形の先生の説明と自分の体の状態が一致せず、自分の体と心の声を聞く選択をしました。
ヘルニア説をいきなり変えるのはなかなか大変だと思いますが、まずは〇批点(何の知識もない状態)に戻るのがいいのかもしれません・・・
筋肉に問題あり。がわかってから、いろいろと思い当たることだらけです。
Commented by まま at 2008-02-07 09:10 x
ゼロ地点のまちがいです。 すみません。
Commented by ひまわり at 2008-02-08 21:53 x
加茂先生、小松方の雪はいかがですか?
こちらは小雪で凍結がすごい日々です。
>回答
しびれは神経の損傷ですので回復には時間がかかり、3ヶ月以上かかると思います。
↑なつかしい言葉です。
やはり、手術された方はみんなこう言われるのですね。。。
Commented by junk_2004jp at 2008-02-08 22:53
かなりな雪です。朝は一面真っ白でした。

神経損傷に伴う痛みはCRPStype2といって、消炎鎮痛剤が効くような痛みではありません。ましてや手術の対象となるようなものではありません。幻肢痛がそうです。

もしそうならば、一刻も早く手術をして神経の損傷を最小限にすべきですね。


<< 自分の身は自分で守る      下肢伸展挙上テストSLR70度... >>