2008年 02月 15日

もう一度幸せな普通の生活を体験してみたいのです。

・・・・・・・・・・・もう一度幸せな普通の生活を体験してみたいのです。*人の子供の結婚式も、自宅のベッドの中で、涙を流しながら過ごしました。以後*人の孫が誕生しましたが、産院に見に行くことも、手伝いもできませんでした。

もちろん旅行も、好きなお花づくりもできず、唯々痛い々々の、寝たきりの生活を余儀なくされる毎日です。・・・・・・・・・


2000年に洗濯物を干そうとしてぎっくり腰になったのがきっかけです。その半年後にヘルニア摘出+固定術を受けています。

その後、エピドラスコピー(硬膜外鏡)による神経癒着をはがす手術を3回受けています。

このようなケースは、手術の上手下手とは関係なく、一定の割合で発生するのでしょう。痛みはヘルニアのせいではありませんし、痛みと神経の癒着は関係ないです。

腰椎になんらかの手術を受けた患者の10~40%はfailed back surgery syndromeになる。ということは、同症候群は増える恐れがある。多くの場合、手術前の段階で腰痛の成因が誤診されている。さらに、手術を受けても症状がよくならない場合、診断ミスによる問題が持続するばかりか、術後管理の問題点も浮上してくる」と述べた。
(FILE7


洗濯物を干した動作がすべてのきっかけ・・・・・。筋痛症というのは本当にちょっとしたきっかけなんだよね。

最初に殿筋の筋痛症と診断してくれる医師に出会えばよかった・・・・・。

分かるのは後からなのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-15 17:46 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 正座      出川哲朗さん >>