心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 21日

ゆーみんさんのその後

正しい知識を伝えるだけでよくなります(情報はタダ)

ほのぼの談話室より
あれから、加茂先生のところにもお伺いさせていただきました。先生、その節はありがとうございました。小松までは遠かったですが、その後しばらく疲れは出たものの順調に回復しています。またお伺いしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

こちらの掲示板と加茂先生のアドバイス後、日に日によくなっていました。それで先生のところにもお伺いできる夢のような日がやってきました。

以前は、3週間ごとに立てるようになっては寝たきり20日間でしたが、きのうまでは、ようやく3時間くらいは一度も横にならずにすむ状態になりました。今では、トイレに行きたいときに無意識に立ちあがれる喜びをかみしめています。

が、昨日、散歩のときに違うクツをはいて歩いたせいで、昨夜から再び激痛がきました。こちらの掲示板で、自分はヘルニアではない、という事実を認識して以来、初めてのことです。

しかも、今回はこれまでいたかった右の坐骨神経痛でなく、腰椎の4と5の間(おそらく)の左右奥の腰の痛みです(鍼でぐっと突いてほしい気持ち、この個所の痛みが出るといつもかなりの激痛の印)。再びトイレへ行くのもゆっくり立ち上がり、のろのろあるく状態です。

それで、ご相談です。ヘルニアでないことを認識してから、動けば動くほどいい、と思い、極力、歩く時間を増やすようにしていました。(10分でも、5分でもばらばらに何度も歩くなど)。「寝てはダメ」という意識がこびりついています。今、かなり痛いのですが、やっぱり歩いたほうがいいような気がしてなりません。歩けば、痛みが取れるような・・・。

以前(ヘルニアにとらわれていたとき)には、散歩をしてさらに激痛でトイレにも行けない状態になったことがあるのです。が、今回は、「痛いのは筋肉、むしろ歩いたほうがいい」という意識が頭の中でできあがっています(これまで、痛みを筋肉と意識しただけで、痛みがどんどんひいてきた)。そこで、皆さんなら5分でも散歩されますでしょうか。

もうひとつ、デパスについてもお尋ねしたいのですが・・・。デパスを処方されて、やや依存性が高まっている状態です。夜中に数回目がさめてそのたびごとに飲まないと眠れません。近くの心療内科医の一言=「処方してもいいけど依存性あるよ」がこびりついてしまいました。

デパスを飲んでいらっしゃる方、飲みたいときにどのようにガマンされますか。はやく5時間くらいは立ったり座ったりできるようになりたいです。皆さんもよくなられますように。


腰の筋肉に急激なspasmがおきたのです。ゆーみんさんは冷静に対処していらっしゃいますので、しばらくでおさまることでしょう。

まさに「腰痛に屈するな」です。

b0052170_7542946.jpg


一方、「やはりヘルニアが原因なんだ、すぐに再発したではないか。局所麻酔は痛みをごまかしているだけではないか。」と思う患者さんもいるのです。というのは、また近所の整形外科を受診して、医師によってそのように洗脳されてしまうかもしれないのです。

ここが問題なのです。

では根本的に治すにはどうすればよいか。手術をしてもだめなのはとっくに分かっていますね。二度と頭痛が起きないように治す、二度と下痢をしないように治す、二度と蕁麻疹が出ないように治す・・・自分の身体を自分で自由に操れる・・・仙人、超人、神、阿闍梨(あじゃり=アーチャリー)

私たち凡人にはなかなかできることではないですが、そのようになったときの対処法は身につけることはできます。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-21 07:43 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 疼痛の遺伝子治療薬を開発      「**大学病院・筋肉専門外来」... >>