2008年 02月 21日

疼痛の遺伝子治療薬を開発

Medical Tribune 2008年2月21日

〔英チェスターフィールド〕米食品医薬品局(FDA)は,関節炎などの慢性疼痛に悩まされる患者の助けとなる新たな治療薬の審査を近く行う予定である。

シグナル伝達を阻害

Diamyd Medical社が開発したNP2と呼ばれる治療薬は,同社の新たな神経標的薬剤送達システム(DDS)遺伝子治療薬の 1 つである。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-21 20:53 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 腰股攣急、脚攣急、手足攣急      ゆーみんさんのその後 >>