心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 28日

坐骨神経痛(根性疼痛、根症状)という間違った概念を捨てようじゃないか!

ヘルニアがあればヘルニアのせい、ヘルニアがなければ原因不明、こんな医療はもう終わりにしませんか。神経を圧迫しても痛みは生じませんよ。

b0052170_1824885.jpg


Aさん(20歳代、女性)は1年半前に重いものを持ち上げて急に腰痛、右下肢痛になりました。現在もなお休職しています。遠方からMRIを持って車に乗せてもらって受診されました。

痛みはほぼ常時あり、座位や仰向き寝が困難です。下腿はしびれています。

MRIの結果、ヘルニアはなく、痛みの原因が分からないとのことでした。神経根ブロック、仙骨ブロックの効果はありませんでした。

ロキソニンとボルタレン坐薬を使用しています。


圧痛点は小臀筋、腰腸肋筋、ヒラメ筋にありました。原因不明ではないです。診断はすぐにつきました。これらの筋肉の筋筋膜性疼痛症候群(MPS)です。

たぶん物を持ったときに小臀筋などに微小損傷が発生したのでしょう。わずかなきっかけで生じた筋肉の微小損傷が年余にわたって人を苦しめるものです。

早期発見、早期治療ですよ。早く治して、職場に復帰してください。

圧痛点に局所麻酔を注射しましたら、痛みは半減したとのことです。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-28 18:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by ひつまぶし at 2008-02-28 19:50 x
何科でもいいから、TP注射をしてくれるお医者さんがあちこちに増えるとうれしいんだけどなあ・・・・・
それがいいとわかっていても、してくれるお医者さんが少ないから、痛みを持つ人は困ってしまうのですよね。
Commented by ぴよ at 2008-02-28 23:52 x
ほんと増えるといいですよね。
今日、TPしてくれないか病院に電話で問い合わせました。
痛いとき、すぐ打ってくれるクリニックがあるといいな。
2週間後の予約じゃ遅い・・
Commented by ひまわり at 2008-03-01 15:35 x
私の痛いところと似ていますね。
良かったです。加茂先生のところで早期治療ができて!


<< ヘルニアが痛みの原因であるはず...      ランナー >>