心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 16日

痛みの本態は筋痛症

b0052170_7551166.jpg


筋痛症を起こしている四肢はややむくんでいて硬い。筋肉が腫れているという感じがする。リンパの流れがわるいのか。そしてやや冷たい。強い圧痛がある。

お尻や腰などどこでもそうです。

ほぐしていくと、「なまこ」のような感じのコリコリした策状硬結がわかります。
myogelosis(myo:筋の、gel:ゲル)

医師にそれを診てもらいなさい。ヘルニアが神経を圧迫しているなんてチンケなことを言う医師は避けるべきです。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-03-16 08:05 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by ひつまぶし at 2008-03-16 12:31 x
>リンパの流れがわるいのか。

加茂先生がおっしゃるのだから、リンパの流れは大いに関係あるということですか。
リンパについてよく知りません。ちょっと勉強してみマス。

実は駅前でエステサロンの無料お試し券を配ってました。
「あなたの肩こり・冷え性はリンパの流れが悪くなっているからです」
おっ、断言してる。ホンマかいな。

・・・・ということは・・・・ 
エステのリンパマッサージでも肩こりは治るかも知れないのかあ・・・ (高いけど)
Commented by junk_2004jp at 2008-03-16 19:30
何となく、関係ありそうじゃないw
Commented by ひまわり at 2008-03-18 13:35 x
私と同じですー!!


<< ほのぼの談話室より      解体新ショー >>