心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 25日

ヘルニア2題

お忙しいところ突然のメールで大変恐縮です。**に住んでおりますAと申します。

7年前に椎間板ヘルニアを発症してから腰の動きのギクシャクした感じや痛みがずっとあり、昨年11月頃からは右骨盤周囲の痛みが発生、ドクターショッピングに片足を突っ込み始めてしまいました。

「腰痛は脳の勘違いだった」を読み先生の病院の事を知りました。きっちり痛みの無い生活、いつ何時も腰をかばう事の無い生活を取り戻したいと考え、今月末、宿を取り思い切って先生の病院へ伺おうと思っております。

その際にMRIの画像など持参した方がよろしいでしょうか?その他用意した方が良いものなど有りましたら教えて頂きたくメールいたしました。


b0052170_19362737.jpg


昨日、今日とお見えになりました。主に臀筋と腸腰筋のMPSです。もちろんヘルニアによるものではありません。

「今日は立って靴下が履けるようになった(前屈で手が届く)、体の後屈ができるようになった、スムーズに起きあがれるようになった。」それから「喉の違和感がなくなった」などの変化がありました。

________________

Bさん(40歳代、男性)は就職してから20年ちかくで15回ぎっくり腰をおこしている。

4年前までは、鍼灸治療で1週間もあれば普通に生活できていたのだが、下肢痛が取れなくて整形外科を受診して、MRIなどの検査でL5/S1、L4/L5のヘルニアと診断される。

その後、ぎっくり腰を起こすたびに計3回のMRIを受けている。ヘルニア以外には骨盤傾斜、椎間板の変性などの指摘を受けている。

はじめは鍼灸で1Wぐらいで治っていたのが、最近は治らなくなり、動作恐怖、電車が怖い状態になった。

ぎっくり腰になるたびに会社を休まなければならず、それには医師の診断書が必要。そのたびにMRIを撮り、ヘルニアなどの説明を受けているうちに治らなくなってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・

MPSですね。整形外科医はそのような診断書をかかなくてはいけません。治らないようにしているのは整形外科医ではないでしょうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-03-25 18:27 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by TK(タク) at 2008-03-25 20:52 x
椎間板ヘルニア。
コンビニエンスな病名なのかもしれません。ちゃんとMRIにヘルニアが写ってますから。
Commented by ぴよ at 2008-03-26 01:13 x
病名が筋筋膜痛だと通らないんですかね。
Commented by junk_2004jp at 2008-03-26 02:06
ぴよちゃん、そうではないですよ。医師はなぜ痛みが起きているのか分からないわけです。もしヘルニアが写っていなかったらなんという病名になるのでしょうかね。

私も医師ですが、診断書を求められたら、「腰部・筋筋膜性疼痛症候群で1週間の治療を要す見込みである。」というような診断書をかきます。

患者さんが病名をどうしてもヘルニアにしてくれというのであれば、ヘルニアがあるのは事実なのですから、「腰椎ヘルニアがあり約1週間の治療が必要である」と書くでしょう。
Commented by 五藤 at 2008-03-26 05:21 x
>なぜ痛みが起きているのか
ちょっとそれますが、こういったニュースが。
痛みの“運び屋”発見
http://www.47news.jp/CN/200803/CN2008032501000020.html


<< 本を書くなら      ヘルニア問題の推理 >>