心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 30日

ボツリヌス毒素

ボツリヌス毒素は美容整形でシワ取りとして使われています。

健康保険の適応は、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸のようです。

慢性疼痛にも保険適応外ですが、使われることがあります。

b0052170_20555739.jpg

運動神経終末でアセチルコリンの放出を阻害します。(神経毒作用)
Neurobiological basis for the use of botulinum toxin in pain therapy.

筋肉のspasmを止めることによって痛みが起きないようにするわけです。(下図のB)

b0052170_216760.jpg


局所麻酔によるトリガーポイントブロックはA,B,Cを一挙にブロックします。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-03-30 21:02 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by ぴよ at 2008-03-30 21:13 x
痙性斜頸 (首や背中の筋肉が異常に収縮して頭が傾いたり横を向いたりする)
↑こうなります。腕も硬直。
寝ているときだけですけど、ボツリヌス注射、適応でしょうか。

Commented by TK(タク) at 2008-03-30 21:25 x
動画ではこんな感じでしょうか?
今、システムトラブルのため私のPCでYouTubeの音が出ない。(;_;)

http://jp.youtube.com/watch?v=YnVY4Waimwg
Commented by junk_2004jp at 2008-03-30 22:20
ぴよちゃん、主治医とご相談してね。
Commented by ぴよ at 2008-03-31 18:27 x
はい


<< 医師にトリガーポイントの概念を...      EBM と NBM >>