心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 31日

医師にトリガーポイントの概念を教えることが先決だ

http://www.triggerpointbook.com/arthriti.htm

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_594.htm#website7-1-1

トリガーポイント(筋痛症)の概念をまず理解してもらうこと。そうでないとやみくもに検査をすることになる。そして画像上にヘルニアなどの所見があれば、それが原因ということになり、何もなければ、原因不明、心因性などということになってしまう。

筋痛症と合併していたり、紛らわしい鑑別すべき病気は、特異的な病理を示す、悪性腫瘍、感染症、骨折などの明らかな損傷なのだ。

画像診断や血液検査は上記のような病気を除外するために行うことなのだ。

医師には筋痛症の概念が最初からないのでうまく説明できないでいる。筋痛症の概念がない証拠にヘルニアガイドラインや脊柱管狭窄症のサポートツールにはその鑑別診断がでてこない。

筋骨格系の痛みのほとんどが筋痛症であるにもかかわらず、その概念がない人に診てもらっているというのが現状なのだ。これはとてもまずい。誤診によって手術が行われている。

トリガーポイントは、関節痛と凝りのためのどんな臨床試験の時にでもリストの最上位でなければならない。

ヘルスケア開業医が十分なトレーニングと経験を持ったとき、トリガーポイント簡単には見つけることができて治療も簡単である。実際、全く効果的にあなた自身トリガーポイントを扱う方法がある。

運動とストレッチの形の関節痛のための物理療法は、トリガーポイントをより悪くすることもある。自然のメカニズムとしてトリガーポイントの機能が酷使とオーバーユーズから筋肉を保護しているという観点からトリガーポイントを見ることは役に立つことだ。ストレッチはトリガーポイントを刺激して、筋肉をより堅く短縮させてしまうかもしれない。

運動は同様に逆効果かもしれない。トリガーポイントは保護的に筋肉を弱めて萎縮をおこす。トリガーポイントが不活性化すると正常な筋肉に戻る。ストレッチと運動はこれが達成されるまで延期されねばならない。

[PR]

by junk_2004jp | 2008-03-31 16:39 | 痛みの生理学 | Comments(1)
Commented by sansetu at 2008-04-01 10:15
痛み疾患者の運動については上の青字部分と同意見です。
痛みを取るのに筋力向上を目的にするとストレスが解消されません。
重力場にいるだけで身体は刺激を受けていますので、ことさらに筋力向上を考える必要はありません。むしろ害になり得ます。血流を促進させるユルユル快感リラックス運動がそのまま治療になります。やはり、じっとしてては治りませんね。


<< いろんな説があるがとりあえずキ...      ボツリヌス毒素 >>