2008年 04月 04日

人の一生はちょっとしたことで大きく変わっていく

b0052170_13461433.jpgAさん(40歳代、男性)は1ヶ月半前より右臀部~下肢痛で座位や歩行が困難になりました。はっきりしたきっかけはないのですが、重いものを持つことの多い仕事をしています。

MRIでヘルニアを指摘され、仙骨ブロックを3回、点滴治療を15回、トリガーポイントブロックを1回受けましたが改善のきざしがないため、当院を受診されました。

ホテルに泊まり今日で3日目になりました。トリガーポイントブロック、低出力レーザー照射を行い、痛みは3割程度になりました。








b0052170_13481533.jpg大腿二頭筋に大きなコリコリ筋があり強い圧痛があります。

10年ほど前、階段でこの部分に急に痛みが走り、しばらく整骨院に通ったことがあるそうです。完治にはなりませんでしたが、まずまずの状態になりました。

以後、その部分に時々痛みや違和感を感じていました。無意識のうちにかばうような恰好になっていたかもしれません。

今回は大腿二頭筋のほか小臀筋、腓腹筋に硬結がふれ圧痛がありました。

10年前に階段でピリッとこなかったら今回のことは起きなかったかもしれません。どこかの筋肉がワケあり筋(筋硬症、myogelosis)になると、それをかばったりして他の筋肉にも影響が及んでくることはよくあることです。

もし、ヘルニアが原因だと信じて手術をしたなら、一過性に強いspasmは全身麻酔などの影響で治まるかもしれませんが、 spasmはまた再発するかもしれません。

再発、再手術、→固定術→年に一度のMRI検査、医師には重いものを持たないように指導されているので、職業をかえなければならないでしょう。

このように人の人生はちょっとしたことでその後の流れが変わってしまうものです。10年前階段でピリッとこなかったら・・・。私のHPに出会わなかったら・・・。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-04-04 14:00 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by 北の「何でも外科医」 at 2008-04-04 23:11 x
加茂先生のホームページに出会ってから,TP注射を積極的に行うようになった「何でも(診る)外科医」です。TP注射がかなり著効する例を経験するたびにMPS理論賛成派に傾いてきていますが,触診で「これがコリコリ筋だ」と実感することが今までなかなかありませんでした。多くは圧痛の強い部分を探して注射をしていました。最近,この症例と同じような例を経験し,まさに同様に大腿二頭筋にコリコリ筋をはっきりと触れる事ができました。もちろんその部の圧痛は強烈で,また,注射の効果も強烈でした。だんだん「ツボ」がつかめてきた気がしています。
毎日,ホームページとこのブログをチェックしていますが,痛みに関する知識が少しづつ蓄積してきたように思います。今後も末永くブログ,HPの更新を続けてくださることを願っております。
Commented by junk_2004jp at 2008-04-04 23:39
こんにちは。MPS研究会に入会されませんか。現在たしか12人だったと思います。整形6人、他6人。

鍵付き掲示板で情報交換しています。
Commented by 北の「何でも外科医」 at 2008-04-06 20:39 x
MPS研究会に入会させていただきたいと思いますが,どのようにすればいいですか。
Commented by junk_2004jp at 2008-04-06 20:54
私のHPから、メールをしてください。

MPS研究会の掲示板のURLとパスワードをお教えします。そこでご入会の自己紹介を簡単にお願いします。HNでもいいですよ。

気軽な会です。いろいろなことを書いてください。


<< 痛みの治療の特殊性      トリガーポイントブロックとは >>