心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 05日

初期化

外部からの刺激(高域値機械的刺激、つまり「ガツーン」といった一過性の強い刺激)、感染症、癌,神経損傷以外の痛み、つまりほとんどの慢性痛は脳が作り脳が認知しているのです。

構造異常が痛みを作るということは生理学的にも説明できません。また最近の文献では多くの健常人にも構造異常がみられるということが報告されています。

慢性痛の治療は脳というコンピュータの痛みに関わる部分を初期化するということです。気効、整体、絶食療法、読書療法、手術、カイロ、鍼、薬、ストレッチ・・・・・いろいろな方法があるということは、脳の認知とか反応に個人差が大きいからでしょうか。いずれの方法も儀式的要素を抜きにしては考えられません。

どの方法がよいかはそれぞれの脳の違いによるのでしょうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2004-11-05 12:35 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 新潟地震とTMS(急性TMS)      治すには >>