心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 26日

HOW  TO  TEACH  DOCTOR  ABOUT  MPS 

Aさんはお母様(Bさん70歳代)の長年の症状は、私のHPを見て「これだ!」と確信しました。

それで私のHPのMPSの図を印刷して診察のときに持っていきました。しかし医師はその図を見てもくれなかったそうです。

プライドの高い医師ですね!

Bさんは50才のころより
b0052170_21541819.jpg


*背中の左側図のところが、筋肉が異常に硬くこわばった感じになった。寝ている状態が楽だった。

*両膝が痛くなったり、足裏が痛くなったりしびれたりした。

*症状は体の向きを変えただけで変化する。

*骨盤の筋肉も背中の筋肉もビビビと小刻みに動いている。

*さわった感じも図の部分が洗濯板のように硬い。図の部分がビリビリなり強く張られるようになり動けなくなる。

*昨年の10月ごろ、上の方の筋肉も硬くなりめまいがおきた。

*気温湿度が高いと動けなくなる。

*風邪をひいたり、お腹をこわしたりすると激痛になる。



今までの経過

・東D病院神経内科で異常なし

・鍼灸やったが効果なし

・厚生○金病院ペインクリニックで3ヶ月治療続けたが効果なし

・慶○病院整形外科、何処も悪くないとどなられる

・東○女子医大整形、ペインで硬膜外B、血圧上昇で中止

・髄液もれが原因かもと思って平○共済病院でMRI検査を受けたが異常なし

・整体に数ヶ月通ったが効果なし

・東京都老人病院神経内科でMRI、異常なし

・高○クリニック、精神科にいったが原因は違うといわれた


__________________

AさんとBさんがおみえになりました。

b0052170_2129255.jpg

脊柱起立筋、梨状筋、後脛骨筋、恥骨筋などのMPSです。とくに診断が難しいわけではないですね。

しかし今までに診察した医師は誰一人、筋肉の病気をいった人はいません。

TPーBをしたらすぐに楽になったとおっしゃいました。もちろん長年のMPS(慢性MPS=繊維筋痛症?)ですからこれ一回でどうのこうのというものではありません。

テニスボールでマッサージする方法を教えました。気持ちがよいとのことでした。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-04-26 21:24 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by アクビ at 2008-04-27 00:28 x
>慶○病院整形外科、何処も悪くないとどなられる
こういう態度の医者が有名病院にもいるのですね。
残念です。
私も精神科/心療内科の個人医院で、血液検査の結果を見せながら「あなたは病気でもなんでもありません!」と大きな声で言い、一方的に診察が終わりました。
その後、受付の方に、「すべての診察が終了してからで良いので、先生との話の続きをさせてください」と言って待っていたところ、その医師は「あなたのその態度は一体なんですか!社会人としておかしいでしょう。早く帰ってください!」という、ひどいのはどっちだよ、という態度でした。
世の中残念ながらこういう医者がたくさんいるのです。
自分の無知を省みず、人の態度がどうこうとよく言えたものです。
だいたい「心療内科」というのは血液検査などでわからない症状を診るところのはずです。
こういう病院も残念ながら少なからずあるのも事実です。
現実は厳しいです。
Commented by junk_2004jp at 2008-04-27 07:50
このような簡単な診断ができないことは困ったことです。マニュアル人間なので、マニュアルにないことは「どなってごまかす」意外にないのでしょう。


<< トリガーポイント      20年前より腰痛 >>