心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 29日

他の医師の書いた処方箋

20年前より腰痛

Aさんは通院圏内のかたなので昨日(つまり3日後)再度来院されました。

「とても楽になりました。」と笑顔でした。元来、明るい性格のような感じです。

今、精神科でもらっている薬の説明書を持ってきてもらいました。

眠剤、抗不安薬が合計5種類、抗うつ薬が2種類、それにロキソニンに胃薬。

「わーぉ」という感じなんですが、患者さんの訴えをなんとかしてやりたいと医師の悪戦苦闘が伺えます。

後から診る医師はそれに対して、批判することは可能なんです。それは私にとってもいえることです。どこかで私の処方箋が批判されているかもしれません。

そういうわけで、他の医師の書いた処方箋について批判めいたことをいうのは気になるものなのです。その処方箋には医師の願いが込められているのですから。

TpBという手段、筋肉にアプローチするという手段が精神科医にはないのですから、自ずと薬に頼ることになります。

Aさんの場合、筋肉治療(TpBなど)をすることによって、今のお薬の量はうんと減らせると思います。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-04-29 07:56 | 線維筋痛症 | Comments(3)
Commented by アクビ at 2008-04-29 11:30 x
>その処方箋には医師の願いが込められているのですから。

なるほど、そのような考え方もできますよね。
私の場合、Aさんほどではないですが、薬漬けにされてる気がする・・・と思ってたりしましたが、確かにお医者さんの願いが込められてる気がしてきました。
睡眠薬を数種類試して早朝覚醒の状態が改善できなかったから、薬が増えて「やれやれもっと飲まなきゃいけないのか~」と思ったりしましたが、おかげさまで不眠状態は改善してきたようです。
いまかかっているお医者さんとは上手くやっていけるか最初自信がなかったけど、お医者さんなりに色々考えてくださっているのですよね。
筋肉の病態を完全無視、というスタンスだけは受け容れ難いのですが・・・。
Commented by M谷 at 2008-05-04 13:25 x
こんにちは。
20年来の痛みを持つM谷です。かなり痛みはなくなりました。
が、しかし3日間注射を打たなかったら、やはり痛みがひどく
大変です。
話は変わりますが、加茂先生ゴルフ好きなんですね〜!
実は私もです!!沖縄にいた頃は毎日ゴルフしてました。
腰が治れば一度先生と勝負したいです。

しかし、たしかに薬は飲み過ぎのような気がします。
精神科の主治医に相談したいのですが、今の仕事が1日でも休むとクビになるので行けません。

先生に出会えたのはとってもラッキーだったと思います。
また卑猥なとこでも注射打ってください!
Commented by junk_2004jp at 2008-05-05 00:15
誰かと思いきや「また卑猥なとこでも注射打ってください」でわかりましたw。

腸腰筋のところです。


<< きょうも      医師に笑われた? >>