2008年 05月 30日

脊柱管狭窄症+ヘルニア

臀筋や腸腰筋のMPSだと思います
去年の12月始めから、**の後に両腰に強い張りと言うか痛みが出るようになりました。腰を捻ったりすると臀部脚下に電気が走る様な痛みをかんじます。 歩行にも影響が出始め両腰右臀部右太腿部表側に強い痛みが出て家を出てから20mも歩けません。少ししゃがんで休めばちょっとはあるけますが、すぐ痛みます。

翌週受診。CTの結果余りよくない。先生は次の手段で経皮的椎間板摘出術を行って見るかと言いました。でも私は、神経根ブロックで少しでも良い状態が在ったのでもう一度神経根ブロックを施術して頂き今日に至ってます。


b0052170_2141525.jpg


Aさんの痛みの原因は、中臀筋、腰腸肋筋、腸腰筋、内側広筋、外側広筋などの筋筋膜性疼痛でした。

これはその筋肉に強い圧痛があるのですぐに判断できます。

ヘルニアや脊柱管狭窄によって神経が圧迫されても痛みが生じるはずがありません。

圧痛点を丹念にブロックするとすぐに痛みは軽減しました。

次の日、歩いたせいで両側のふくらはぎに痛みが生じていました。

このような筋痛症に対して、神経根ブロックよりもトリガーポイントブロックのほうがいいと思います。手術をしても意味がないでしょう。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-05-30 21:54 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(7)
Commented by keisyan at 2008-05-30 21:57
>手術をしても意味がないでしょう。

意味がない・・・どころかねぇ(-_-;)
Commented at 2008-05-30 22:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2008-05-30 22:53
メールをくださったのですか。
Commented at 2008-05-30 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2008-05-30 23:13
はいとどきました。
Commented by junk_2004jp at 2008-05-31 00:05
↑ 鍵コメになっていませんでしたので消去しました。了解しました。安心してください。きっとよくなることでしょう。痛みの原因は筋痛症なのですから。
Commented by こたこた at 2008-06-01 01:52 x
昨日、ペインに行って、硬膜外を、2週間ぶりに、しました。右は、典型的坐骨神経痛で、左は、筋膜性腰痛といわれました。相変わらず、ひりひり左のわき腹が、痛いといっても、ぜんぜん違うところに、TPBです。
右と左で、違うことってありますか?4月1・2日に、先生にTPBしてもらったときは、ちゃんと効いていたのに、右は、意味ないから硬膜外だそうです。週1でしはじめて、11ヶ月。こんなに、硬膜外って、してもいいんですか?ちなみに、坑うつ薬は、アモキサンになって、デパスも、鎮痛剤も、半分か、それ以下になりました。TPBの針も、太くて、いたいです。先生のとは、ぜんぜん違います。どうして、針の太さまでちがうんでしょう・・・


<< 筋痛症はいろんなタイプがあります      全国的医師の勘違い >>