心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 02日

トリガーポイントブロックをしてもらえるところがみつかった!

Aさんは昨年、数日間当院に入院しました。筋痛症(広範囲)です。今日突然電話がかかってきました。

「近くにトリガーポイントを打ってくれる医院が見つかりました。針の太さと薬の名前を教えてください。」

「針の太さは27G(ゲージ)です。薬剤は0.5%メピバカイン(商品名カルボカイン)です。」

しばらくしてから、医院の診察室から電話がありました。

「こちらの先生とちょっとお話をしてください。いま先生にかわりますから・・・」とAさん、
医師「ワンポイントに何CCほど打つんですか?」
私「2~3CCぐらいでしょうか。」

Aさんからお礼のメールがきました。Aさんの承諾を得てあります。

ありがとうございました。m(__)m

施術してもらうまでが大変でしたが何とか投与して頂けました。(T^T)よがった。。はっきり言って、先生に話して頂けなかったらやって頂けなかったと思います。

想定の言葉が返ってきましたよ。

「そんな投与はやったことがない」
「体に危険だ」
「普通はそういうことはやらないものだ。。」等々。

最後に「それで楽になりましたか?」と聞かれたので

「もちろん!!」
「積極的にやって頂ける先生だからこそ県外から口コミでやってくるのだと思います」

先生と話して頂けたことで、私が言っていることが本当だと思ったのか、しぶしぶ。。

でも、指2本分くらいのドーンとした、どでかい注射が1本出てきた時には

「えーーー!! そんなに大きくなかったです」(人の話聞いてます?)
「もっと5mmくらいの一番小さな注射で針も27Gでしたよ。」

「あぁ、、そう。」
「じゃぁ、小さいのに入れ替えて」

(ほっ。おいぉぃ)

本数も8本が限界だというので、痛みの強い順に選んで投与してもらいました。
しかも週に2~3回くらいが限度だと。(出来れば2回)

でも家からバイクで5分くらいと近いところにあるので良かったです。

こっちに帰って来てからも痛みは出ていたけれど**のドクターショッピングにうんざりしてて行く気になれず。。。

でも早く行けばよかった。。。(T^T)8本だけとはいえ、右半身のリラックス。。。
こんなに楽ちんだったかなぁ・・・。

と、投与後はスタスタ診療所を後にしましたよ。

患者のこの姿を見て概念を変えていって欲しいものです。

お医者様って、なんて自己概念が強くて他を聞き入れないんでしょうかねぇ。。。

先生様々です(^^)ノ

どうもありがとうございましたぁ!!!

名前を控えていましたので、ホームページ見て勉強して欲しいですね。

目からうろこをボロボロ落として欲しいです!!


トリガーポイントブロックは最も安全で効果のある鎮痛治療です。局所麻酔剤は0.5%のメピバカインで最大使用量は
100mlです。そんなに使うことはありませんが。

交感神経の緊張を取る、筋肉のスパズムを止める、痛みの伝導を止める、このような作用が期待できます。

これをマスターすれば普段の診療に大いに役立ちます。圧痛点を見つけてそこに注射してやればたいがいはすぐに治ってしまいます、慢性痛以外は。だって、筋骨格系の痛みのほとんどは筋肉のスパズムなんですから。

このような治療に対して、「くせになる」「一時押さえ」という意見がでるものです。

では湿布をするのは?電気をあてるのは?マッサージをするのは?薬をのむのは?

どのような治療をしてもそういう言い方ができます。真の意味で治癒するには、修行をつんで、自分の身体を自分で操ることのできる修行者になる、さとりを開く、ということになるのでしょうか。

それはなかなかできるものではありません。

痛みのメカニズムを知って、不安になったり悲観したりすることなく、どのように対処していくかは患者さんがご自分で判断すべきことでしょう。

明日は急性のMPSにとってトリガーポイントブロックがとても有効だということを書きます。

医師は保険診療の枠内で、短時間で病態説明と治療をやらないと営業困難、という縛りがあることも理解してください。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-02 00:05 | MPS | Comments(17)
Commented by ひつまぶし at 2008-07-02 07:09 x
すごいです。Aさん、よく成し遂げました★
お医者さんのところから、別のお医者さんに電話して、お医者さんからお医者さんに直接説明をしてもらうなんて!!(それが一番早いんだけど)
きっと、我執の強くない、意固地にならない率直な良い先生なのでしょうね。
こうなったら、ウロコも目やにも心置きなく目から落としてもらいましょう。

お医者さんを粘り強くソノ気にさせるには・・・
「説得術」「交渉術」の本でもマジメに読んでみようかなあ。
Commented by Aです at 2008-07-02 10:05 x
おはようございます。(^^)ノ
昨日は突然すみませんでした。(本当にありがとうございました!!)

ひまつぶしさんもありがとうございます。

(文字数が多すぎたので2回に分けて投稿します。。)

------------------------------------------------------


安静時の痛みはまだまだたくさんありますが、「近くで治療がしてもらえる」という安心感を得たところが一番のメリットです。

だって今後は主人も子供も痛みの早期対処が出来ますから!!!

私は注射のこわりが出やすいので、明日は右の首から肩、腕にかけてやってもらおうと思っています。。(今日行けないのは残念ですが)

これで少しずつ硬結が取れれば、ストレッチや軽めの運動がやっと回復の手助けになるところです!

こっそりカルテを見ましたが「メピバカイン」は1%でした。

残念ですが、何度か回数重ねた後、増やしてもらうことにします。

やってもらえることの方が今は重要ですので☆

Commented by Aです at 2008-07-02 10:13 x
(続き1)

先生とコミュニケーションが取れるようになったら「体に触る」こともやって欲しいですね。

やっぱり触れずにトリガーポイントブロックは無理でしょう。(^^;)

「ここは結構深部なので、ぐっと押してみてやってもらえませんか?」

(結局どの部位にも触れませんでした)

筋肉の塊りも深さも顔かたちが違うように十人十色です。

これはより多くの患者に対処、触れることで初めてわかることだと思います。

人の数だけトリガーポイントも知ることが出来る。

お医者様には学べる場があふれていると思います。。

そしてそれを受け入れ、やることが次第に「人が人を呼ぶ」ことになるのだと思います。。

明日の痛みが減る方が増えていくといいと思います。

Commented by Aです。 at 2008-07-02 10:15 x
(続き2)

加茂先生の活動は仕事をやめる方を減らし、うつ者を減らし、経済回復にも役立つと言っても過言ではありません。

頑張ってください!!

その為にはトリガーポイント治療の医療制度見直しは早急対処課題ですよね。

患者はもっと高くてもいいのです。

痛みさえ取れればこんなに長引かなくてすみ、医療不信にも陥らずに済むんですから。。

この画期的な方法を13年前に知りたかったです。
Commented by ちえこ at 2008-07-02 11:38 x
Aさんすごい!パチパチパチ!!
なかなかそこまで突っ込んで、医師にいえないのです。
えらい!私たちもあきらめないで、がんばらなきゃいけませんね。
Commented by Aです。 at 2008-07-02 11:51 x
ちえこさん、こんにちは。(^.^)お互い頑張って痛みを克服していきましょうね。。

そうそう、、、。
加茂先生、ひまつぶしさん。。

若い先生だったからこそ、聞き入れてくれたのだと思います。

っという事はまだ頭の柔らかい若い先生の「教育」が必要。ということですね。

時代は若い先生が背負っていくものですから。。

あっ、加茂先生もやわやわに柔らかいです!!(^^*)
そして、そんな先輩先生の声を聞きやすいのも若い先生のメリットなのでしょう。。
Commented by syaruruk at 2008-07-02 16:33
Aさん、がんばられたのですね。すごい!
よかったですね。1%なら、0.5%より、濃いですね。
だから、8箇所って言われたのかしら。

全国のDRから、先生の診察室に電話が殺到しそう。。。w@@w
TP注射希望するときは、
このページをコピーして、診察のときもって行くと良いですね。
Commented by Aです。 at 2008-07-02 16:47 x
syarurukさん、こんにちは。
間違えました。(^^;)「0.1」%の間違いです。
1%だなんてとんでもないです。
何度か通って早く0.5%にして頂けるよう頑張りますです・・。はい。
Commented by Aです。 at 2008-07-02 17:55 x
加茂先生。。ちょっと聞いてもいいですか?
昨日はメピバカイン0.1%と生理食塩水を混ぜたものを8本×2ml投与しました。
いろいろ見ていたら0.5%、1%、2%として薬品が出ているのですね。
私のように混ぜて使用するものなのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2008-07-02 18:45
効いたんならそれでもいいと思います。

dry needle 鍼
wet needle 注射

という言い方があります。湿った鍼をしたんですねw。
Commented by Aです。 at 2008-07-02 22:00 x
なるほど。ありがとうございます。
はい、効きは弱いですが昨日よりは若干楽になっています。

Commented by BN at 2008-07-02 22:01 x
Aさん、おめでとうございます。
ちなみに私は「1.0%メピバカイン」です。
歩いて2分の総合病院の麻酔科が、
ペインクリニックを週3回やっているのを最近知って、
そちらに週1で通い始めました。
エライ先生よりもお弟子さん先生の方が、
細い針を使うなど、気を使ってくれています。
 
最初は良かったのですが、
残念ながらここ2回は、打った後の方が痛みが強くなり、
本日打ってから3日目ですが、まだズキズキし火照っています。
 
注入中にも痛みを感じるので、
ひょっとすると注入する速度が速すぎるか、液量が多すぎるのか、
薬液で筋肉の細胞を無理矢理引き剥がしてしまっているのでは?
と勝手に想像しています。

次回のとき、先生に正直に話してみます。
Commented by Aです。 at 2008-07-02 22:42 x
BNさん、こんばんは。
徒歩2分とは嬉しい限りですね。。

加茂先生のところに10日ほど入院した際、11冊の本を読みました。
その中に「痛みの再現」というのがありました。

押して痛い感覚と、注入中の痛みが同じであれば、むしろポイントにヒットした証拠だと喜んでいいそうです。
(昨日は3箇所再現。関連した痛みが離れたところにも現れ、「よしよし3箇所ヒット!」と喜んで帰りました。)

長期の痛みになるとその離れた痛みにも対処する「首尾一貫治療」が必要になるそうです。

痛いところだけの処置を行っても、離れたところの治療をしていない限りそこからまた痛みが戻ってくるのだと。

私には関連した痛みがあちこちに出ているのでその部位と感覚を覚えトリガーポイントに投薬してもらっています。

また、私も注射の後のこわりで痛みが出るので、3日ほど様子を見て(その間は他の部位に投薬)投薬してもらうつもりです。

液が強くて痛みが出る?のはわかりませんが、私のように生理食塩水で薄めて打ってもらうようお願いしてもいいかもしれませんね。

加茂先生は0.5%のメピバカインを投与して下さっていましたので・・。
Commented by アクビ at 2008-07-03 03:39 x
Aさん、患者さんの主張を受け入れてくださる先生に出会えて本当に良かったですね。
そして、加茂先生の注射を経験したあとだったからより説得力があった、ともいえるかもしれません。

>「そんな投与はやったことがない」
>「体に危険だ」
>「普通はそういうことはやらないものだ。。」等々。

私も去年、30代の整形外科の開業医にTPB注射について質問したら、やはり同じような反応でした。
正確には「そんな注射したらおばあさんのような体になっちゃうよ」と言われましたね。
後から考えたら、TPB注射の存在すら知らないのでは、他の硬膜外ブロックとか、そういうのと間違えてるのでは、と思いました。
だけど一応「ペインクリニック」も標榜してるんですよ!!
私の場合、こちらでの知識をちょっと得たばかりの頃でまだ加茂医院に伺う前の話なので、「おばあちゃんみたいになっちゃう」とか言われたあとはもう何も言えませんでした。

Aさん、とにかくよかったですね!
Commented by Aです。 at 2008-07-03 08:09 x
アクビさん、おはようございます。
そうだったんですかぁ(ノ。;)それはそれは・・。
お医者様の言葉はとても傷つくし不安になりますよね。
私の場合は「不納得」ばかりだったので、納得できる答えをずっと探していました。
最初の3年くらいはどこが痛いのか触ってもわからず、「この辺り・・・。」というのが精一杯で症状等話しても、レントゲンめぐりでした。CTもMRIもいろいろ撮りました。(不必要だと思っていたので毎回抗議していました。。)
年数が経てば経つほど、症状を話すのもおっくうになりました。
「これまでに治療はなさらなかったのですか?」
この何気ない言葉は私を深く傷つけ、「整形外科、スポーツ整形外科、接骨院、針、按摩、マッサージ等々行くべきところには行って来ました。」と怒りでぶつけてしまうほどでした。
Commented by Aです。 at 2008-07-03 08:09 x
(続き)
一昨日行ったところもトリガーポイントについて詳しく知らなかったようです。
こちらから言わなかったらやってもらえていません。
電話で問い合わせ、問診時にもトリガーポイントで薬名、針等指定して、なおかつ加茂先生と話して頂いてやっとしてもらえた状況でしたので。。
それも自分でトリガーポイントを探し、深さ等々話ながら。。(--;)
先生触りもしませんから。
今思うと、入院して良かったと思います。(笑)
「主治医の言葉の威力」でした(^^*)
アクビさんも、一度、薬名もわかるので、指定してお願いしてみるといかがですか・・?
ポイントも自分で探さないといけないかもしれませんが。。
それで痛みがとれれば「筋痛症」ということで、その治療に専念出来ます。
「回復への希望が持てる」迷路から脱しました。
Commented by アクビ at 2008-07-03 11:03 x
Aさん、こんにちは。
去年かかってた医師とはきっぱり決別したんですよ。
手紙や資料を添えて、診察券もお返ししました。
私って、そういうバカなとこがあるんですね。
その後(去年の12月)加茂先生のTPB注射を2日がかりで体験し、いったんは体がだるくなりましたが、その後背中に羽が生えたように楽になりました!!
私の場合慢性の状態で長く放っておいたので、残念ながらその後は徐々に戻ってしまいましたが。
その頃通ってた心療内科の医師にも数ヶ月前に見放され、現在は別の心療内科に通っております。
体の直接的なケアについては自分でせざるをえない(&たまに鍼に行く)のですが、お陰様でそれがわずかながら効果があるようなので、しばらくそれで様子を見ようかなと言う感じです。
私も、今年始め頃までの医療難民状態からは一応脱したと考えているので、私も希望を持って治療に専念したいと思います。

状況は違うとはいえ成功例には本当に励まされます。
ありがとうございます。


<< トリガーポイントブロックは急性...      医師の間違った思い込み >>