心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 11日

「みのわの~、了見を改めることができねぇものか」

三輪の万七親分

b0052170_19102658.jpgAさんは6,7年前より「いわゆるヘルニアによる坐骨神経痛」があります。神経根ブロックを3回してもいっこうによくならないので手術しかないということで、半年前に@大学病院でヘルニアの手術をしました。術後はよくなるどころか、かえってわるくなりました。座っていても寝ていても痛みがあります。歩行時も痛みがあります。

それでMRI検査したところ「血腫」がありそれが神経を圧迫しているのでそれを除去する手術をして同時に、梨状筋の切離もしたほうがよいといわれています。

これは「梨状筋によって坐骨神経が圧迫を受けて痛みが出ている」という妄想によるものですww。

血腫によって坐骨神経が圧迫を受けて痛みが出ているも妄想です。
ヘルニアによって坐骨神経が圧迫を受けて痛みがでているも妄想です。とにかく妄想から始まっているのですから・・・。

血腫によって神経が圧迫を受けて麻痺が生じているというのなら理解できるのですが。

2度目の手術も考えていたところ、ある人に私のHPを見るようにすすめられました。

本日、当院を受診されました。図のような圧痛点をブロックしましたらすぐに痛みが取れて笑顔になりました。初診料含めて3割負担で1300円でした。

筋筋膜性疼痛症候群です。それ以外に考えられません。私は理論的な人間ですから妄想はしません。

Aさんは慢性痛ですから、今後どのような経過をとるかはわかりませんが、筋肉のこわばりをとる治療と、認知行動療法を並行して行うことによってよくなることでしょう。

梨状筋の手術をした人を3人知っていますが、よくなっていません。

大学病院の専門医でもこの分野はまったくあてにならないのです。これをよーーく覚えておくべきです。そもそもが、脊椎や脊髄、神経の病気ではないのですから。妄想でそう信じているのですからたまったものでないですよ。筋肉の病気なのです。手術でよくなることのあるのは全身麻酔などによる筋肉のリセット効果なのでしょう。

血腫除去と梨状筋の切離をしたところでよくならなどころかかえって悪化する可能性があります。次ぎに待っているのは固定術です。それでもよくなりません。もうこんな妄想に基づく治療をやめにしないと・・・・大変なことになりますよ。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-07-11 19:32 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(5)
Commented by TK(タク) at 2008-07-12 22:38 x
そんな訳でみのわに行ってきたw。

Photo by TK
ttp://picasaweb.google.co.jp/tktaku2008/jLywcI
Commented at 2008-07-13 05:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2008-07-13 07:15
そうですか。今度やってみますね。
Commented at 2008-07-13 10:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sansetu at 2008-07-13 11:25
タクさん、本物の三ノ輪は情緒があってよいですなぁ~。
そして都電、いつまでも残しておきたいです。
大分別府間にも大好きな路面電車があったのですが、いまあれば、逆に貴重な観光資源であったろうにと思いますが、目先の利益政策でポイと捨てられちゃいましたよ。


<< 理学療法士にHPを見るように言われた      ヘルニアと診断された線維筋痛症 >>