心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 09日

しびれ

①うつやストレスでしびれがおきることはよく知られています。
また、
②神経がヘルニアなどで圧迫されるとしびれがおきるといわれることがあります

同じしびれが異なったメカニズムによって起きるということは解せません。

末梢(指など)でおきた生理的変化を知覚神経の先端に付いているセンサーがキャッチして、電気的信号として知覚神経を上行し脳に伝えられます。脳は即座にその電気信号を読み解き、センサーの部位がしびれていると認知するわけです。うつやストレスで起きるしびれはこのように理解されます。生理学に忠実な説明です。

一方、神経の圧迫によってしびれがおきるという説は、末梢(指など)には生理的変化は起きていないわけです。ところが神経が圧迫を受けると、脳が圧迫を受けた神経の末梢(指など)がしびれていると誤認してしまうということになります。このような説に生理学的根拠はあるのでしょうか?

また第7頚神経(C6/7)が神経根で圧迫されている場合、そのデルマトーム全体にしびれがなく指のところだけに限局してしびれがあるということが多いのですがなぜなのでしょうか?

②は教科書的な本にも記載されていますし一見なるほどと思います。私もそう思っていました。

①はそんなことってあるのかな?と思いますね。ところが実は逆なのです。①は生理学的にスジが通っているのに対して②はスジが通っていません。

①と②を鑑別するのにデルマトームに一致しているかが問題にされます。しかしこれもあてになりません。交感神経(運動、知覚神経に伴走)の緊張が原因ですからあたかもデルマトームに一致しているようになるのだと思います。

とにかく②を主張するのならまず①を否定しなければなりませんね。
b0052170_20391732.jpg

              すぐ効くよく効く即効ツボ 黒須幸男
[PR]

by junk_2004jp | 2004-11-09 12:46 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 往診      1年ぶり >>