心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 01日

痛みやしびれに対して椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症という診断を否定します

なんとも怪しい。

~腰部脊柱管狭窄症のこむらがえり~術後も一般住民に比べて高頻度に発生

腰部脊柱管狭窄症では特徴的な臨床症状である腰下肢痛や間欠跛行のほか,こむらがえりを訴える患者が少なくない。

慶應義塾大学先進脊椎脊髄病治療学講座の松本守雄准教授は,手術加療を行った腰部脊柱管狭窄症患者に対するアンケートにおいて,術後も患者の70.8%はこむらがえりがあると回答したが,こむらがえりの有無は手術に対する満足度とは無関係であったと報告した。

~腰部脊柱管狭窄症における狭窄部位と神経所見~患者の3分の1で画像障害レベルと神経学的責任レベルが一致せず

腰部脊柱管狭窄症では,硬膜管の圧排が強く多椎間にわたる症例ほど神経学的症状が複雑化する傾向があり,神経学的所見と画像上の狭窄部位とのレベル診断が一致しない症例も存在する。

千葉大学大学院整形外科学の山内かづ代氏は,腰部脊柱管高度狭窄症例を対象に検討した結果,対象の34%は神経学的責任レベルと画像障害レベルが一致しなかったと報告した。

http://www.medical-tribune.co.jp/wwwroot/cgi-bin/index1_free.cgi


つまり、高齢者にみられる下肢痛、間歇性跛行は脊柱管狭窄症のせいだとされることが普通なのだが、誤診だと思っている。痛みの本態は筋痛症で、筋肉の痙攣(spasm)なのだ。

脊柱管狭窄症の定義から話をすすめなくては上の論文は意味がない。「な~んちゃって脊柱管狭窄症」なんていっぱいいる。ほんとうはMPSなのだ。

この問題は根が深い。

本当の脊柱管狭窄症は、馬尾型といわれるもので、麻痺症状を呈する。

神経学的所見とは、腱反射や病的反射、知覚テストのことで、麻痺性疾患の時に必要だが、痛みやしびれの疾患では積極的な意味はない。

他の掲示板では、「ヘルニアの治療法」について議論しています。これではいつまでたっても理解しあうことがないでしょう。

ヘルニアが病気を起こすとすれば、頚部では頚部脊髄症(脊髄麻痺)、腰部では馬尾症候群(膀胱直腸の麻痺)です。二つとも麻痺なのです。痛みやしびれではありません。この二つはとてもまれな疾患です。

安齊先生がコメントしてくださいました。ありがとうございます。
かつて、脳外科医として脊椎の手術をしておりました。そのうちに、自然に(自分でも何かおかしいと思っていたのでしょうね)だんだんと適応が狭くなってきて、主として、long tract signの出ていて、生活に支障があるものを手術するようになっていました。

しかし時には、ひどい上肢痛、下肢痛(神経痛様?)の患者さんで椎間板ヘルニアが見つかると、手術も選択肢として提示しており、実際何例も手術しました。

その中には、明らかに、レベルが違っていたり、説明できないような症状があっても、そんなこともあるかもなどと言われもしたし、術後症状もよくなるので、自分でも深くかんがえていませんでした。

数年前から、加茂先生のサイトでいろいろな症例をみるにつけて、ああ、ほとんどすべてはMPSで説明がつくじゃないか、と納得しています。


他の先生からも次ぎのようなメールをいただきました。
★先生のホームページをみて大変参考になったばかりかいままでもやもやしていた事柄がすっきりいたしました。

特にMRI所見と症状・病態との関係が必ずしも一対一対応しない点につき、やはりそうであったか!と気が楽になりました。さまざまな書籍、先生方のお話を聞くよりも勉強になりました。どうもありがとうございました。

★先生のHPを拝見していままですっきりしなかったことがよく理解できるようになりました。大学で教えられることと実地の現場があまりに乖離していて何をよりどころに治療していけばいいのか迷っていたところでした。

★以前、「根性疼痛(REDICULAR PAIN)」という概念について上司より御教授頂いたものの、その本質が理解困難で悩んでおりました。先生のHPを拝見して一部認識を改める契機になり、大変感謝しております。

★研究で疼痛の電気生理の実験をしておりましたので、偶然加茂先生のサイトを見つけ、研究時の知識と臨床例の治療結果の解離に関する疑問が納得できました。
 
[PR]

by junk_2004jp | 2008-08-01 14:51 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by c-dunk at 2008-08-01 22:38
下肢に症状があると「腰からですか?」とあたりまえのように患者さんはいいます。
自分としてはとっても容易じゃないですね。


<< 初期消火がとても大切      全部が否定されたら、今まで生き... >>