2008年 08月 19日

頚椎ヘルニア?あなたはどちらの医師を信じますか。

Aさん(50才代、男性)は5年前より頚部痛があり、約半年前より、右頚部痛が強くなり、右拇指にしびれがあります。

ある地方の独立行政法人**セ*ターで頚椎ヘルニアを指摘され手術を勧められました。

ここは脊椎脊髄の専門病院で、整形外科医は10数人、年間の脊椎脊髄手術が*00例を超えるそうです。もちろん脊椎脊髄指導医はたくさんいます。

Aさんの奥さんは私のHPを見て、田舎の一診療所の医師である私の方を信頼しました。それでAさんは約1ヶ月当院に入院し、しびれや痛みはほぼなくなりました。

Aさんは斜角筋や長とう側手根伸筋などのMPSでした。

治療は簡単です。

ヘルニアがそのような痛みやしびれを起こすことはなく、筋肉のspasm(痙攣)が原因なのです。

トリガーポイントブロックなどを中心に治療しました。

もちろんAさんには脊髄症を思わせるような病的反射はありませんでした。

この問題は病院の規模や専門性に関係ないのです。ほとんどの専門医は誤解しているのが現状です。年間*00の脊椎手術数ですがいらない手術もいっぱいしているのでしょう。

筋肉の病気を脊椎や神経の病気だと思い込んでしまっているのです。

この症例も有名脊椎専門の病院を多数受診しています。

脊椎脊髄専門医が必要となるのは「麻痺」のときや脊椎の悪性腫瘍や感染症、骨折などのときなのです。痛みやしびれは麻痺ではありません。

spasmが手術の全身麻酔で止まってしまうことがあるものですから医師はそのことになかなか気がつかないでヘルニアを取ったから治ったと思うのでしょう。

しかし手術をしてもよくならない人もよく見かけます。再発、再手術、固定術→ますます悪化・・・・このようなパターンはめずらしくないものと思います。

何よりも私のような治療で1ヶ月たらずで治ってしまう理由を聞きたいものです。

本当に手術が必要なのが脊髄症状のあるものです。それが診断できない脊椎専門医はいっぱいいます。

しかしAさんの奥さんはなぜ私の方を信頼したのでしょうか。女性のカンなのでしょうか?

b0052170_19392879.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2008-08-19 19:26 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by ひつまぶし at 2008-08-20 20:52 x
>しかしAさんの奥さんはなぜ私の方を信頼したのでしょうか。女性のカンなのでしょうか?

それは・・・ 
HPのお写真がキメテになったと思います!
Commented by TK(タク) at 2008-08-21 19:48 x
>しかしAさんの奥さんはなぜ私の方を信頼したのでしょうか。女性のカンなのでしょうか?

1.女性のカン

2.HPのお写真がキメテになったと思います!

そして、
掲示板のみんなの実体験の書き込みだと思います。

そんな、場を設けて下さってる、1号、2号様に感謝を。
アーメン。


<< ヘルニア術後1年痛みが続いている      信じる者は救われる >>