心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 30日

痛みとは電気信号なんだ

日経メディカル・オンライン より
痒みの病態は非常に複雑、「弱い痛み=痒み」ではない

痒みと痛みについては、伝える神経は同じで、信号の強度が弱いと痒く、強くなると痛くなるというのが、これまでの定説だった。しかし、10年ほど前に、痒みの代表的な原因物質であるヒスタミンの痒みを伝える神経が発見されて研究が進展。この神経が痛みを伝える神経とは異なる特徴を持つことが明らかになり、痒みは痛みとは独立した感覚であると考えられるようになった。

しかし、さらに研究が進むと、代表的な発痛物質と考えられてきたブラジキニンやカプサイシンも痒みの神経を活動させ、逆に、ヒスタミンも痛みの神経を活動させることが分かった。痒みと痛みの関係は、研究が進むほどに複雑な様相が明らかになってきているのが現状だ。


痒みも痛みも電気信号なんだ。発痛物質、起痒物質がそれぞれの受容器を刺激すると、脱分極が起きて、電気信号として脳に伝わる。痛み、痒みのメカニズムは同じようなものだ。

代表的な発痛物質はブラジキニン、代表的な起痒物質はヒスタミン。

痒みには抗ヒスタミン剤、痛みにはブラジキニンの生成を阻害する消炎鎮痛剤。

下腿が痒いのに硬膜外ブロックをするか?神経根ブロックをするか?お尻が痒いのに硬膜外ブロックするか?

下腿が痒いと医者にいったら、MRIを撮りヘルニアのせいだというか?やぶ医者と思うことだろう。痛みもそれと同じなんだよ。

神経が圧迫を受けて痒いwww。そんなこという医者はヤブだよね。ところが神経が圧迫を受けて痛いという医者はヤブとは思われないのはなぜなんだ?

痒みの現場は皮膚、痛みの現場は主として筋肉なんだ。

痛みの悪循環=痒みの悪循環、同じ事なんだ。

ただ、皮膚の場合は痒いと感じる場所と、痒みの現場は一致しているが、痛みの場合、痛いと感じる場所と痛みの現場が離れていることがあるのでややこしい(関連痛)。

小殿筋の関連痛は下肢に広がっている。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-08-30 19:47 | 痛みの生理学 | Comments(3)
Commented by TK(タク) at 2008-09-01 23:50 x
痛み情報伝達経路 -末梢から大脳皮質まで

>皮膚より深部の筋、腱、関節では固有感覚を伝達する筋紡錘など特殊な受容器があるが
P534 左段組
http://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/123/7/533/_pdf/-char/ja/

有名なポリモーダル侵害受容器のほかに、MPSやFMSで重要な筋肉組織には特殊な受容器があるのですね。
これも、痛み刺激に反応するのでしょうかね。疑問。

この特殊なレセプターの鍵穴をブロックする飲み薬なんか出来たらいいな~と思う。
Commented by TK(タク) at 2008-09-03 01:25 x
>筋紡錘
健作ちゃんしてわかりました。誤解してた様です。>私。orz.

これって、良くあるアレなのですね。GIFアニメ付解説があるところもありました。

うんでもって、、

>筋鞘のgroup III,group IV線維からの自由神経終末は虚血や低酸素、侵害的圧刺激などに反応し、深部侵害受容器となる.

自由神経終末 なぬ~?
じゃあ、ポリモーダル受容器かい。
Commented by tetsuya at 2008-09-04 21:53 x
慢性的な痒みにも局所麻酔は効果的かもしれませんね

一時的でも”痒くない”ことをきっかけにし、なにかの修正システムが働くのかもしれません


<< 看板に偽りあり      医学生の椎間板ヘルニア >>