2008年 09月 03日

腰椎におけるMRI検査結果-自覚症状のない青年期エリートテニスプレーヤーの場合

MRI findings in the lumbar spines of asymptomatic, adolescent, elite tennis players.

Alyas F, Turner M, Connell D. (王立整形外科病院放射線科-Stanmore、ロンドン、英国)

OBJECTIVE: To describe magnetic resonance imaging (MRI) findings in the lumbar spine in
asymptomatic elite adolescent tennis players, to serve as the baseline for a future prospective
longitudinal cohort study.
目的 : 自覚症状のないエリート青年期テニスプレーヤーの腰椎におけるMRIの検査結果を述べる。それをもって、将来、同齢の集団をさらに長期にわたって研究するための基礎とする。

DESIGN: Observational study.  全体の計画 : 観察に基づく研究。

SETTING: Institutional, national tennis centre. 場所 : 国立テニスセンター。

PARTICIPANTS: 33 asymptomatic elite adolescent tennis players, mean (SD) age, 17.3 (1.7)
years (18 male, 15 female).
参加者 : 33名の自覚症状のない青年期エリートテニスプレーヤー。平均年齢(標準偏差)17.3
(1.7)歳、男性18名、女性15名。

METHODS: Sagittal T1, T2, STIR, and axial T2 weighted MRI images were reviewed for the
presence of abnormalities by two radiologists in consensus. Abnormalities included disc
degeneration, disc herniation, pars lesions (fracture or stress reaction), and facet joint
arthropathy.
研究方法 : 2名の放射線科医(おおまかな方針は一致している2名)がsagittal T1、T2強調画像、STIR法で撮影された画像、およびaxial T2強調画像のMRI画像を観察して、異常の存在をチェックした。異常とは、disc degeneration=椎間板変性、disc herniation=椎間板ヘルニア、pars lesions=
pars損傷(骨折またはストレス反応)およびfacet joint arthropathy=椎間関節関節症を指す。
 

RESULTS: Five players (15.2%) had a normal MRI examination and 28 (84.8%) had an abnormal
examination. Nine players showed pars lesions (10 lesions; one at two levels) predominately at
the L5 level (9/10, L5; 1/10, L4). Three of the 10 lesions were complete fractures; two showed grade 1 and one grade 2 spondylolisthesis, both of which resulted in moderate narrowing of the
L5 exit foramen. There were two acute and five chronic stress reactions of the pars. Twenty
three patients showed signs of early facet arthropathy occurring at L5/S1 (15/29 joints) and L4/5 (12/29 joints). These were classified as mild degeneration (20/29) and moderate
degeneration (9/29), with 20/29 showing sclerosis and 24/29 showing hypertrophy of the facet
joint. Synovial cysts were identified in 14 of the 29 joints. Thirteen players showed disc
desiccation and disc bulging (mild in 13; moderate in two) most often at L4/5 and L5/S1 levels (12 of 15 discs).
結果 : 5名のプレーヤー(15.2%)のMRI画像は正常、28名(84.8%)は異常であった。9名に
pars損傷(うち1名については2箇所に損傷あり、計10の損傷)があり、その大部分は第5腰椎(以下L5)の損傷であった(10の損傷のうち9つがL5、1つがL4)。10の損傷のうち、3つは完全な骨折であり、うち2つはグレード1の、ひとつはグレード2の脊椎すべり症(spondylolisthesis)であった。そして、その両方ともがL5 exit foramen(椎間孔)を中程度に狭めていた。2つのparsに急性の、5つに慢性のストレス反応がみられた。23名の被験者のL5/S1(29例のうち15例)およびL4/5(29例のうち12例)に初期のfacet arthropathy(椎間関節症)の徴候がみられた。これらは軽い、もしくは、中程度の変性=
degenerationに分類される(29例のうちそれぞれ20例と9例ずつ)、うち20例は硬化をともない、24例はfacet joint椎間関節が肥大していた。29例の関節のうち14例に滑液嚢胞=synovial cystsが認められた。13名に椎間板変性=disc desiccationと椎間板bulging(膨隆=ヘルニア)がみられ(軽い13例、中程度2例)、そのほとんどがL4/5とL5/S1レベルに発生していた(15例中12例)。

CONCLUSIONS: Abnormalities were frequent, predominately in the lower lumbar spine, almost
exclusively at L4/5 and L5/S1 levels. Pars injuries and facet joint arthroses were relatively
common.
結論 : 主に下部の腰椎において異常は頻繁に存在し、そのほぼすべてがL4/5とL5/S1レベルに発生していた。pars損傷と椎間関節関節症=facet joint arthroses は比較的頻繁に見られた。


_____________________________

自覚症状のない一流テニスプレーヤーの84.8%にMRIで異常がみられた。それは。すべり、骨折(分離)、椎間板変性、ヘルニア、椎間関節の変性などであった。

これらは、病的な意義のないものと思ってよい。

画像診断の意味と限界
[PR]

by junk_2004jp | 2008-09-03 00:09 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 両手足まひに4500万円 医療...      なぜそこが痛いのか? >>