心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 09日

いろいろな診断をうけた

Aさん(50歳代、女性)は過去に狭心症という診断を受けたことがあります。本人はこれに関して疑問をいだいています。

約1年前、目眩がして転倒し首筋を痛めました。

以来、痛みが続いています。痛みの部位は広がり、部位は移動しているようだとおっしゃっています。

b0052170_13521477.jpg
多くの病院をめぐりました。2つの脳外科、2つの整形外科、内科、精神科。

ある病院は異常なしでした。ある病院では五十肩、頚部神経根症でした。

星状神経節ブロック、頚部硬膜外ブロックを何度も受けましたが効果はありませんでした。

人の勧めで精神科を受診し、身体表現性障害という診断を受けています。

私が診断した感じでは線維筋痛症だと思います。典型的圧痛点がありました。

身体表現性障害だとすると「疼痛性障害」でしょうか?。精神科医はそのように診断したのですが、どうも私にはそれがピンときません。

痛みやしびれは画像に写らないもの、計測できないもの、数値で表されないものですから、いろいろな診断がつくのもしかたのないこのかもしれません。

診断というより、多くの医師による鑑定のようなことなのでしょうか・・・・。

疼痛性障害(心因性疼痛)

1カ所以上の解剖学的部位の疼痛を伴う障害が,もっぱら,または主として精神的要因が原因であり,その疼痛に患者の関心が集中し著明な苦痛および機能不全を引き起こす。

疼痛性障害は比較的よくみられる。正確な罹患率は不明であるが,米国では,心因性背部痛はいくつかの形で勤労不能になる単独の原因であり,その頻度は毎年成人の10~15%と推定される。

[PR]

by junk_2004jp | 2008-09-09 14:01 | 線維筋痛症 | Comments(3)
Commented by teru at 2008-09-10 00:20 x
ヘルニアの診断を受けて後、保存療法で痛みを訴え続けると、心療内科や精神科の受診を整形外科の医師から薦められるケースも多くあるようです。
しかし、「痛みに対する治療」という観点から見ると、整形外科で診断・治療を受けられたほうが治癒しやすいのではないかと思います。整形外科で「心理・社会的な要因が引き起こす痛み」を診てくれるとと良いなあ。
Commented by 安斉 at 2008-09-12 10:34 x
この患者さんはどのような治療をしたのでしょうか?
TPB、抗うつ薬などでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2008-09-12 12:44
TPBは効果があるというのでやっています。数種類の抗不安薬を常用されていますので、まだ薬については積極的に行っていませんが、抗うつ薬は考慮しています。


<< 専門医の思い込み      神経根性疼痛モデル >>