2008年 09月 10日

専門医の思い込み

先日ブログで紹介した患者さん
小指側(尺側)がしびれていたのですが、脊椎脊髄専門医は、「そんなことはない。あなたは頚椎5/6が悪いのだから、親指側だ。」と言い張って、患者さんの訴えを真剣に聞こうとはしなかったそうです。当然、患者さんは怒ってもうそこには行きませんでした。よかったですねw

これがたまたま親指側がしびれていたら・・・


こちょうさんの場合
しかも、実際症状が出ているのに、再三右側の痛みを訴えても、「神経の症状が左右一緒にでることはない」と言われ、訴えることはあきらめました。同時に悪くなってしまった肩の関節ためのリハビリと、割り切って通院を続けています。

(加茂)痛みやしびれは神経症状ではありません。

まささん(masakazuさん)の場合
私の場合は、ヘルニアが軽いのに。。。激痛。ヘルニアの無いほうにも痛みがありました。仙骨・硬膜外・神経根ブロックを計8回。(うち、6回は、ステロイドが入っているのを確認しています。)どれも、効果がありませんでした。そして。。。手術を勧められています。中には、最初から。。。「君は、きっと手術だね」と。。。治療で効果がでないこと。。。最初から暴露しているようです。今思えば。。。ですが。そして、どの医師の説明も、とても納得のいく回答ではなく、手術を受ける気にはなりませんでした。


痛みやしびれは神経が圧迫を受けて生じていると思いこんでいる脊椎脊髄専門医は多いものです。このようなことは間違っています。

だから上記のように患者さんの訴える症状が理解できないのです。痛みの本態は筋痛なのですから、痛みが強いと反対側にも痛みがでてきます。これは生理学の実験でも分かっていることです。

脊椎脊髄専門医による間違った説明をいままでたくさんみてきました。なぜ間違っていると断定できるかということですが、それは治療経過から明らかです。

専門医、指導医の肩書きを持った医師の思い込みは困ったものです。私も一応、整形外科専門医、リウマチ専門医の肩書きを一応持っていますが、思い込みには十分に気を付けます。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-09-10 13:07 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by まさ at 2008-09-10 18:35 x
私は、MRIも撮っていますが。。。医師からの説明は、「可能性」の話ばかりでした。確たる原因・治療法の話はありませんでした。最もひどい説明は、ヘルニアと反対側にある、臀部の痛みの説明でした。元防衛医大助教授の方から。。。「ヘルニアは、いたみが飛ぶから。。。」 ヘルニア側にある痛みは、神経の圧迫で。。。反対の臀部は痛みが飛ぶ。。。意味不明でした(笑)どの先生も。。。場当たり的回答が多かったです。自分の場合。
ROMの方。。。多いと思いますが。。。勇気を出して。。。筋肉の治療を受けてみてください^^無駄に。。。神経ブロック注射を打つ必要がなくなります^^


<< プロゴルファー 李 定 垠 さん      いろいろな診断をうけた >>