心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 28日

中枢感作(central sensitization)

山田歯科医院のサイトから

「線維筋痛症、慢性頭痛、過敏性大腸炎、慢性疲労症候群、筋筋膜痛症候群、下肢静止不能症候群,
periodic limb movement disorder,顎関節症、multiple chemical sensitivity,
feamale urethral syndrome,間質性膀胱炎、心的外傷後ストレス障害,そして鬱病は中枢感作
(central sensitization)と言う共通のメカニズムを持つ。」 

b0052170_7344049.jpg


日本医科大学小児科の調査によると、小児科で治療している不登校児の70%に線維筋痛症が見つかったそうです。

この現象はtemporal summation of second painまたは簡単にwind upと呼ばれ、中枢が疼痛の感度を増大する機能を持っていること示すものです。健康な人でもこのwind upは起きるのですが、顎関節症、線維筋痛症、慢性疲労症候群、原発性月経困難症、過敏性大腸炎では異常な痛み感度の増大が起きることが報告されています。そして、この異常なwind upを中枢感作と呼びます。


山田先生のすばらしいサイトを引用させていただきました。

線維筋痛症に顎関節症を合併しているケースは多いです。顎関節症という病名は変えるべきですね。この病名だと関節が悪いというイメージがつきまといますから。

同じようなことが膝関節、肘関節、股関節、肩関節、脊柱などにもいえることです。

変形性股関節症の人に線維筋痛症の人が多い。
変形性膝関節症の人に線維筋痛症の人が多い。
椎間板ヘルニアの人に線維筋痛症の人が多い。
頚肩腕症候群の人に線維筋痛症の人が多い。
五十肩の人に線維筋痛症の人が多い。

なんとなくこのように感じています。線維筋痛症の例の分類基準に照らし合わせて診断すると、従来の病名は何だったんだろうと思うものです。

上に挙げた疾患の痛みの本態は筋痛症なんですね。顎関節症も、いわゆるヘルニアや脊柱管狭窄症によるといわれている坐骨神経痛も、五十肩も変形性膝関節症も同じ病態なんです。だから医者へいくとどれも同じ処方でしょ。ロキソニンとモーラス、電気。医者のへりくつは違うでしょうけどww。

ヘルニアがあるから筋痛症になっているのではなくて筋痛症の人を検査したらヘルニアがあったというだけのことなんですね。

ただ、股関節の場合は脚長差や可動域制限が生じますから筋痛症が起こりやすいという因果関係はあると思います。

膝の半月板損傷も、膝周辺の筋痛症の人を検査したら半月板が傷んでいたということだと思います。

軽症の線維筋痛症はたくさんいますよ。うちのかみさんも分類基準からいえば線維筋痛症でしょう。ゴルフしてますけどw。

これらの部分的筋痛症(顎関節症など)を線維筋痛症に合併していると見るべきなのか、線維筋痛症の一症状とみるべきなのか。

痛みの中枢性感作がそのキーワードなんですね。

部分的な痛みでおさまっている人、痛みが広範囲に拡大している人、その差は一体なになんでしょうか。ミトコンドリア?治療?環境?、ストレス?トラウマ?生い立ち?頻回の外傷?

私は60年間の人生で痛みに悩んだことはありません。痒みに悩みましたけど。痒みも中枢感作しますよきっと!幼児の時に山へいってひどく漆にかぶれたことがあります。それがきっかけかな?皮膚系のトラブルは。

皮膚系のトラブルは誤診が少なくて助かっていますけどw。見えますからねw。それに比べると痛み系(筋系)のトラブルは見えないんで、誤診がつきまといますね。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-09-28 08:07 | 線維筋痛症 | Comments(6)
Commented by a at 2008-09-28 20:44 x
加茂整形外科に入院して寝たきりから劇的に改善したものです。実はまだ少し痛みがあるため先日山田歯科医院に行きました。山田先生の顎の状態と全身の筋肉の触診とコンピューターを使った検査の結果加茂先生の抗うつ薬とトリガーポイント注射の効果がかなりでていると山田先生に言われました。顎関節症による中枢感作の異常も痛みに影響していることから加茂先生の治療とうちの治療を併用すると良いと山田先生からアドバイスを受けました。山田先生も加茂先生の治療法と人間性を絶賛しておられました。
Commented by アクビ at 2008-09-29 01:02 x
思えば私は小学生の頃から肩こりがありました。
登校拒否ではありませんでしたが、優等生だったからランドセルが重すぎて(嘘です(ーー;))。
環境や生い立ちの影響は、個人的にあると思っています。
つらいことを素直に「つらい」と言って、受け入れてもらえる環境じゃなかったので、「つらい」が長年内に篭って積み重なって、局所の凝りや痛みだけで済まなくなってしまった、といったところでしょうか(あくまでも仮説です)。
おまけに股関節も可動域がもともと狭いですし。
そのうえ30過ぎになって急に激しい運動したりして。
今の状態の原因は複合的ですね。
Commented by アクビ at 2008-09-29 01:07 x
私の場合、「脳の勘違い」は痛みよりもこわばりに対して生じているというか、まるで体のこわばりを形状記憶してしまったかのようです。

こわばりが強い箇所ほど自発痛はほとんど出ません(圧痛はあります)。

そのせいか近年まで自分の体の状態がどんななのか、ここ3年ぐらいで色々問題が生じるまでは深刻に考えることがありませんでした。

ここ数年は、寒さなどで急にこわばりが強くなるか、逆に急に表面だけ(マッサージなどで)緩めると痛みが出易くなるようです。

これもある意味痛みに対して過敏な状態と言えるのでしょうか?

ちなみに以前から皮膚のかゆみも出ます。
つい掻き毟ってしまうことがたまにあります。
ただしアレルギー体質ではないのです(以前した検査でIgE値が24)。

私の場合、どれもこれも中枢感作(ストレス性?)のようですね。

色々な検査をしましたが、わずかに貧血気味以外はいたって「健康体」らしいです。

全ては頭の中で起きているんですね・・・。
Commented by こちょう at 2008-09-29 23:19 x
>軽症の線維筋痛症はたくさんいますよ。うちのかみさんも分類基準からいえば線維筋痛症でしょう。ゴルフしてますけどw。

 では、私も分類基準からいえば、軽度の線維筋痛症ですか?
フラを週3回、スポーツクラブで週3回ボクササイズしていますけれどw。

 先生、申し遅れましたけど、先日はありがとうございました。肩や首の注射の後は、しばらく頭痛も軽くなりました。

 おかげさまで随分健康になり、跳んだり跳ねたりも出来ます。
ただ、問題点はほとんど上肢中心だったのに、この頃、足腰にも痛みが走ることが度々です。今のところ、湿布やマッサージでおちつきますが。

 やはり、筋痛は予防しようもなく、みすみす「くせ」になるのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2008-09-29 23:45
まず、「筋痛症」という診断が重要だと思います。

MPSでもFMでもかまいませんが。どのへんまでFMの網をかけるかという問題はありますが。

慢性的なMPSの方は大なり小なりFMの傾向がありますね。

誤診が一番の問題なのです。ヘルニアだとか、脊柱管狭窄症だとかという誤診が行われているのです。

手術によってMPS、FMが重症化していく可能性があります。また、検査を繰り返すことによって、経済的にも大きな負担となります。

筋痛症をどのように治療、管理していくかは私が回答をもっているわけではありませんが、かなり個人差のあることだろうと思います。
Commented by こちょう at 2008-09-30 14:15 x
 誤診は、人の人生を変えます。
手術が誤診によって、行われている現実、心底、怖いと思います。


<< 脊柱管狭窄症(神経根障害)と言...      神経痛?神経のいたみ? >>