心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 30日

脊柱管狭窄症??

b0052170_19174642.jpgAさんは脊柱管狭窄症による間歇性跛行で3回手術を受けています。(Aさんの了解済み)

脊柱管狭窄症とは狭くなった脊柱管によって神経根が骨で圧迫されて神経根障害が生じ、そのために下肢に痛みやしびれが生じるというものです。

私はその概念に反対しています。

写真で分かるようにあきらかに患肢のほうが、太くてむくんでいるようにみえます。これは神経障害の所見ではありません。筋痛症の所見です。昨日の肩の写真と同じことなのです。

この筋肉には強い圧痛があり、コリコリ状態なのです。脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアという診断を受けて下肢痛のある人はこのような写真であることが多いのです。

b0052170_1930252.jpgこの写真はAさんの手の写真です。怪我によって尺骨神経が損傷を受けたのです。これが神経障害の写真です。骨間筋は萎縮しています。痛みはありません。小指側に軽度の知覚鈍麻があります。

「神経障害の所見」と「痛み、しびれの所見」は違うのです。多くの医師はこの区別がなぜか分かっていないのです。

この手の写真をみれば100%の整形外科医は尺骨神経障害(麻痺)と答えるでしょう。しかしなぜか神経障害について間違った概念を伝統的に持っているのです。

脊柱管狭窄症(神経根障害)と言われていた痛みが完治しました。

神経根障害ではなくて「筋痛症」だったのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-09-30 19:32 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 分離症、すべり症??      パソコン肩 >>