心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 05日

痛みと構造をリンクさせるな

痛みは電気現象です。それと構造をリンクさせないようにしてください。電気現象はエネルギーです。構造にエネルギーはありません。

骨折と痛み、捻挫と痛み。

骨折の治療と痛みの治療の二本立て。

捻挫の治療と痛みの治療の二本立て。

構造が治ると痛みも治るという保証はありません。その逆に、構造が治らなくても痛みが治ることがあります。

構造が治っても痛みが治らないことがあります。構造も痛みも治らないこともあります。

構造も痛みも治ることもあります。

私たちは構造と痛みをリンクしがちなのです。しかし生理学上これは間違っているのです。その証拠に痛みの生理学教室では構造の勉強はしません。

椎間板ヘルニアの治療と痛みの治療の二本立て。この場合は椎間板ヘルニアについては治療しなくてもいいのです。無害ですから。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-10-05 19:29 | 痛みの生理学 | Comments(1)
Commented by keisyan at 2008-10-05 21:19
2年以上前のものなのですが・・・トラバします(^^ゞ


<< なぜ整形外科医は間違いから脱出...      いつの時代でもどこの国でも治っ... >>