心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 05日

なぜ整形外科医は間違いから脱出できないのか

腰痛や下肢痛の主なる原因として、1934年Mixter &Barrが椎間板ヘルニアなる疾患を提唱してから、椎間板ヘルニアは腰椎疾患の重鎮として取り扱われるようになった。

しかし長い年月を経るに従い、椎間板ヘルニアと似た症状を呈しながら、ヘルニアのない状態がかなりあることが判明した。

このような状態の一つとして、Ehni、Clark、Wilson、Epsteinらにより狭小な脊柱管に変形性脊椎症が併発することで馬尾神経や神経根を圧迫ないし絞扼する病態があげられた。

                脊柱管狭窄症の歴史図説臨床整形外科講座3(メジカルビュー社)


78年前、椎間板ヘルニアが腰痛や下肢痛の原因になるといった人がいました。これが間違いの始まりなのです。当時とすれば画期的な発見だったのでしょう。

そのうちに、椎間板ヘルニアと似た症状を呈しながら、ヘルニアのない状態がかなりあることが判明したのです。これは手術をしたがヘルニアがなかったのでしょう。

今のようにMRIがないのですから、健常人の検査はできなかったわけです。

ヘルニアが見つからなくて手術を中断したケースでは、37~43%の改善率を示したそうです。

Spangfort EV,The Lumbar Disc Herniation. A computer-Aided Analysis of 2,504 Operations,Acta Orthop Scand Suppl,142,p1-95,1972.

このときに気づけばよかったのです。これは間違いだったと。しかしそうしなかった。神経圧迫が痛みを起こすという間違った考えから脱出できなかったのです。

それで今度は脊柱管狭窄症という概念になったのでしょうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-10-05 21:22 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(6)
Commented by TF at 2008-10-05 21:30 x
今もNHKで腰痛=ヘルニアみたいな番組をしてますね・・。ん~~~。
Commented by TF at 2008-10-05 21:48 x
心の問題もしましたね。
慢性腰痛=前頭葉ですか。。
Commented by junk_2004jp at 2008-10-05 22:03
思っていた通りでした。半分正しくて半分間違っていました。
Commented by 昨日のPTです at 2008-10-05 22:27 x
筋の話がまったく出てこないのは本当に残念ですね。こつこつと色々な場面でわかってもらうしかないんでしょうか?
Commented by TT at 2008-10-06 13:37 x
はじめまして。
整形外科で坐骨神経痛の症状を指摘され、抗炎症鎮痛剤や硬膜外ブロックなどをやっても全く効果がでませんでした。
わらにもすがる思いで鍼治療院に行き、結局は小臀筋がカチコチになっていてトリガーポイントに鍼を刺して順調に回復中です。
NHKの腰痛特集、椎間板ヘルニアみたいに画像診断で異常所見がなければ心因性だも受け取れるような内容でした。
本当に痛いのに心因性(実際ごくまれにそういう方もいるでしょうが)なんて言われたら、腰痛で苦しんでいる人は怒りますね。
なんでそこまでして筋肉を無視するのか・・・
筋肉の話は多くの整形外科では何か暗黙の了解で禁止でもされているのでしょうか?
Commented by sansetu at 2008-10-06 17:26
NHKは罪な放送局ですね。
ちなみに私の知人(元NHK)で「椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛」と診断されたAさんは、MPSを私からレクチャーされよく理解しています。もともとNHKに勤めるような人たちは秀才ばかりなのです。本当のことを知るのに苦労はしません。こちらが感情を廃し理詰めで行けば必ず納得します。Aさんもそうでした。
この番組を(私は見てませんが)製作したNHK職員は、自分たちのした仕事の社会的責任を知るべきですね。


<< NHKスペシャル病の起源 第3...      痛みと構造をリンクさせるな >>