2008年 10月 14日

腰椎すべり症

b0052170_1938428.jpg患者さんの承諾を得て書きます。

3年前より朝起きる時、右の腰中央が痛み始めました。動き始めたら治るので、気にしませんでした。

50歳で近くの空き地を借りることが出来ました。雑草の根の深い相当な荒れた土地でした。今までTVばかり見てたお気楽な生活から、いきなりの力仕事でした。お金節約で鍬ひとつで170坪の荒地を開墾しました。

家族の協力は一切なし、自分ひとりで畝もつくり野菜の種を嬉々として蒔きました。ところが半年たった頃、腰が痛くなりました。筋肉痛だろうと、自然に治ると放っておりました。

夏は雑草の勢いがすごくて、炎天下に3~4時間も同じ姿勢で刈った記憶もあります。でも去年の秋10月10日、とうとう腰が気になって、近くの整形外科を受診しました。

「第4腰椎すべり症です。たいへん滑ってます。今歩いてるのは奇跡です!!」

医者は目を丸くして大声でひどく興奮して驚いてましたが、自分は奈落の底に落ちたような絶望感で、自分が何を言ったのかも覚えてません。

医者が「このままでは寝たきりになる。手術しかない。痺れがきたらすぐ手術してあげるから即来なさい。」とさらに目眩がするようなことを言ったのを覚えてます。

当然2番目の整形外科へ行きました。老齢の医者はすべりとは一言も言いませんでした。

私がすべってませんか?と聞くと、「あなたは今歩いているでしょ。それで充分です。」と言いました。

それで安心してコルセットもせず、普通に暮らしてましたが、今年の3月とうとう痺れがきました。

さすがに焦りました。**医大整形外科へ行きました。MRIを撮ったら、ぜんぜん異常なし。

滑ってるのは1センチで、大したことではない、症状もきわめて軽い、すべりからくる痺れではないから婦人科へ行きなさい、ここでする治療はありません、とのことでした。

婦人科へ行きましたら、筋腫はもうかなり小さく、多少後屈ではあるけど、これで痺れや腰痛がくるとは思えないとのこと。

どこにも行き場がないので、4月に鍼灸へ行きました。

両脚の痺れと腰痛でしたが、先生は筋肉からくるものだと言いました。しかし、いっこうに治らず、ひどくなる一方。7月、鍼灸の先生は今度は骨盤と背骨の歪みがひどすぎると言いました。

で、整体に行きました。3~4回の施術で劇的に良くなりました。

ところが、整体の先生が背中を反る体操を勧めるので3週間したところ、急激に悪化し、びっこでしか歩けなくなりました。

座ることも出来なくなり、びっこで歩くのも辛く、うつ病に一気になりました。この頃泣いてばかりでした。

しかし、整体2回、鍼灸1回を立て続けに受け、なんとか普通に歩けるようになりました。

整体にも不信感がつのってきて、また病院の整形外科巡りを始めました。ブロック注射は1日だけ痛みをとってくれました。痛み止めを処方され、飲んだら数ヶ月ぶりに痛みの無い時を味わいました。

すっかり頼ってしまい、何度も胃を荒らし、胃カメラも1年に2度も経験しました。

9月に1回7000円という気功整体にかかりました。そしたら、運動不足からくる腰痛だと言われました。たしかに、痛むとすぐ横になっていたので、ほとんど歩かない生活をしてました。

心機一転痛くても歩くことにしましたら、腰痛が少しずつ軽くなっていきました。加茂先生のHPを再度見て、猛烈に直に行って診てもらいたいと思いました。


医大では「すべりは徐々に進行するだろう」と言われたそうです。

私が保証します。将来も何も心配する必要はありません。このような写真は何もめずらしいものではありません。しばしば見るものです。今の症状とは何も関係がありません。

今の症状は畑仕事が原因で筋痛症になったためなのです。

「私も、筋肉が痛いんだろうと思い湿布でも出してもらうつもりで病院に行ったのです。」ところがレントゲンを撮って「すべり症」といわれていろいろ不安をかき立てられたわけです。

午前中にトリガーポイントブロックを腰や下腿にしました。午後の再診時にはとても楽になっていました。

レントゲンやMRIは特異的な病気(悪性腫瘍、骨折、感染症、脊椎関節炎のような炎症性疾患)の有無を検査するものです。

バカな診断が1年間も患者さんを苦しめたのです。医師が筋痛症という概念を持たないがための悲劇です。この医師だけを責めるわけにはいきませんが。

医師の再教育が望まれます。手術をされなくてよかったよかった。

2日間の治療で痛みやしびれはほぼ0になりました。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-10-14 20:08 | 慢性痛 | Comments(5)
Commented by ひつまぶし at 2008-10-14 20:37 x
加茂先生、初歩的な質問なのですが、、、ずっと疑問でした。
すべると、何がいけないのでしょうか・・・・? 具体的に何がどう暮らしの上で困るのでしょうか・・・・?
すべって困るのは受験生だけ・・・?(←くだらんことを言うなとお叱りの声多数)
Commented by junk_2004jp at 2008-10-14 21:04
こういうのは言い出しっぺがいるんでしょ。八重歯みたいなもんだね。

すべってると脊柱管が狭窄するという理屈。
Commented by ひつまぶし at 2008-10-15 19:07 x
先生、ありがとうございます。調子に乗って重ねてお尋ねしちゃってもいいでしょか。。。

脊柱管が狭いのは、よろしくないんでしょうか? 狭いよりは広いほうが、広ければ広いほどいいの? 心のように( ̄^ ̄ゞ
「あいつは度量が狭いね。脊柱管も狭いけど」・・・んなこたぁ聞いたことないですが。

もうひとつ。
どのくらい神経を圧迫するとマヒが生じる・・・という、何か数値化された指標でもあるのでしょうか?
単位面積あたりの圧がどれぐらいになったらヤバイとか・・・?
それも人それぞれ? 圧迫してるハズなのに、それらしい兆候の見られない人もいるんですか?
(誰だ、そんな図太い神経してるのは)
私・・・神経が細いから、とっても心配・・・・(´;ω;`)
Commented by junk_2004jp at 2008-10-15 19:35
末梢神経は圧迫を受けても大丈夫のようです。足裏の神経なんかいつも圧迫を受けていますね。

絞扼(締め付けられる)されるとやばいです。めったにないです。

Commented by TK(タク) at 2008-10-15 20:47 x
そろそろ、神経と言う言葉は止めましょう>業界の方。

神経
感覚受容器+神経線維

脳神経細胞もあることだし。

オタクからの提案。


<< 椎間板ヘルニアと診断されてつい...      2chより「筋肉が異常に硬直し... >>