2008年 11月 01日

恐怖の筋痛症

医師としていたずらに恐怖心をあおるのはいかがなものかとは思うが、やはり恐怖の筋痛症なのだ。

特に、頚!

エリーさんの掲示板より。

今年7月にむちうち症のようになりました。今の症状は左首後ろ上部から後頭部へ広がる痺れるような痛みと思います。情けないのですが接骨院での事故です。

私はちょっと肩を揉んでもらうくらいの軽い気持ちだったのですが、頭を持ち首をボキっとされたのでかなりの衝撃だったのだと思います。

その時、左首に痛みがあり直後から左胸から上(顔以外)に痺れがでてきました。
1日半くらい経つと痺れはなくなりましたが、1週間後くらいから頭に痺れが出てきて日に日に辛くなり仕事も家事もできず1日中ほとんど横になって過ごすようになりました。


私のケースが参考になるかどうかわかりませんが、私もマッサージ屋でやられました。横になって首を力いっぱい牽引されてから痛みが出るようになりました。

ただ、私の場合は、痺れではなく後頭部が灼熱のような押しつぶされるような痛み。微動だにできませんでした。痺れは、左腕だけです。なんとか治まるまで3ヶ月。普通に生活するまで1年かかりました。


私も一度接骨院で、首を半回転にゴキッとやられて調子が悪かった覚えがあります(ただでさえ調子が悪くて行っているのに)。

私は今、4年前にカイロで頚をひねられてより激しい頚痛になやまされている人を診ています。

駐車場でバックしてきた車にぶっつけられて線維筋痛症になった女性。

自転車に乗っていて車と衝突して激しい頚痛に悩まされている女性、下肢にまで痛みが広がっている。線維筋痛症だ。

風で倒れたテントがおでこに当たってより頚が固まってしまった男性。

まさにMyogelosis(筋硬症)なのだ。Myo(筋)gel(ゲル)sis(症)なのだ。

いったいどういうメカニズムなのだろうか。病態を表すいい病名が必要だ。筋肉のこのような異常を検査で画像化したり、数値化したりできない。そのため被害者は心の病気とか詐病扱いされたりしていることもある。

私は受傷ごく早期に局所麻酔を徹底的にうつことがこのような悲惨な状態になることを防ぐように思っている。

当院の従業員は頚のこのような外傷が悲惨なことになることがあることを毎日見てしっている。先日、従業員で転倒して頚を傷めた人がいたが、腫れて、頚部痛、頭痛があったが、受傷翌日より、3日間、局痲を注射してやった。4日めにはすっきり治ったといっていた。

ところが、むち打ちになってかなり腫れている男性がいるのだが、注射をこばんでいる。そして症状が続いている。おいしい時間をのがしてしまったのかもしれないと思う。

最初はだれも分からないのだ。頚に注射をうつということを拒む気持ちはわかるが・・・。

エビデンスなんてものはないのだけれど、たぶんこのような頚の外傷を受けた時、24時間以内に圧痛部位にある程度、徹底的に局所麻酔をするのが将来おこるかもしれない悲惨な状態をふせぐことができるように思う。早期が大切。

受傷直後はだれも長引くなんて思わない。長引くのか長引かないのか、だれにもわからない。


日本に筋痛症学会、筋肉学会などないのだ。☆の数ほど学会があるというのに。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-01 21:23 | 慢性痛 | Comments(17)
Commented by TK(タク) at 2008-11-01 22:02 x
参考文献
筋肉は痛まない、あるいは筋肉痛は放っておいても治る
http://junk2004.exblog.jp/9703157/

筋肉痛の恐怖
宇野武司(宮崎医科大学附属病院手術部)
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_232.htm
Commented by カイロプラクター at 2008-11-01 22:05 x
読まれた方が誤解されないように説明させていただきます。
接骨院・マッサージ師が週末セミナーや見よう見真似でポキッと鳴る矯正を覚えて患者さんに対して行い事故を起こすことがあります。
カイロプラクティックの看板を上げている所でも短期学校卒が多いのが現状です。
カイロプラクティックそのものはWHOで大学教育が義務付けられ、安全で有効な治療法ですが、日本にまだ500名ほどしかいません。
正しい首の矯正で症状が良くなった患者様もたくさんいます。
しかし法制化されていないので誰でも矯正できるのです。
事故に合われた患者さんにはお気の毒ですが、矯正そのものが悪いわけではありません。
Commented by TK(タク) at 2008-11-01 23:10 x
頚椎スラスト

http://jp.youtube.com/watch?v=1OYTCN-4E5I
果たして、良いのか、悪いのか?
Commented by junk_2004jp at 2008-11-02 08:53
いろいろなことがあるという事実です。
医師が行ったヘルニア手術で死亡することもあるのですから。

Commented by YA at 2008-11-02 11:29 x
>カイロプラクターさん

ここで正当化する意味がわかりませんが…
どのみち日本では無資格扱いですから。
ちなみに私も名のあるカイロプラクターにやられて寝込んだ一人です。


>加茂先生
自費で行う国資マッサージ(補助はありますが)や整体カイロは個人の選択ですから別として、大半の整骨院が行っている、健保不正受給問題についてはいかがお考えでしょうか?
中には無理やり病気を作り出し診断、手数料を受け取り荷担するDRもいますね。


予算を食いつぶし、正当な医療をダメにする行為ではないでしょうか?

中には診断し健食を押しつけたりする医師法薬事法違反のもいます。
Commented by 私もカイロプラクターですが at 2008-11-02 12:27 x
>しかし法制化されていないので誰でも矯正できるのです。

いえいえ、違いますよ。
本当は、首をボキっと鳴らす矯正は厚生労働省の通達で禁止されてますので、誰でも矯正してはいけないんですよね。。。。

三浦レポートは間違っていると思ってますが、残念ながら、法制化されるまでは正しい通達かもしれないと思うこともあります。
Commented by junk_2004jp at 2008-11-02 14:03
結局、この問題は複雑です。
名医に腰の手術をしてもらってもかえって悪くなることもあるんですから。
本質的なことから考えないと。
名医といわれている人と村のおばあちゃん整体師とどちらがいいかということですかね。
Commented by holosuk at 2008-11-02 22:03 x
ポキポキが出ているので少し書かせていただきます。
ボキっと鳴らす矯正技術は本来痛いものでは有りません。
しかしながら、受ける人に力が入っていたり、関節周りの状態が悪いにもかかわらず矯正を施すと今回の記事のような結果になることがあると思います。特に筋肉はツル寸前の状態に有る場合は少しの刺激でも反応を起こします。結局はその人の持つ技術と用心深さの差として出てくるのでしょう。精進するしか有りません。
なお、この種の問題はどの分野に限らず起こりえます。その為私は何か不都合があったときは連絡を頂、手直しをするようにしています。
筋肉一つとっても、大きく長い筋肉の一部だけをほぐしたのでは代えって違う痛みを引き起こすことが有るのです。
経験と研究心と用心深さ(観察力)が必要です。
この問題は、法制化したりWHOの大学教育をしたからなくなるものではありません。ボキボキしないから安心できるわけでもなく、按摩で肋骨を痛めたり、強くもまれすぎて帰って悪化した人だとかあります。
そんな時は、隠さず、見捨てずに話してください。そして育ててください。
私はそうして育ててもらいました。
Commented by YA at 2008-11-03 00:18 x
肋骨を痛めると、どうあるんでしょうか(爆


笑われるから止めとけよ。

全ての整体屋がバカにされちまうだろ(笑
Commented by アクビ at 2008-11-03 20:34 x
YAさん、こんにちは。

>大半の整骨院が行っている、健保不正受給問題

「線維筋痛症」の患者を受け入れて、保険適用となる診断名を「作り出し」て治療をしている医師は不正行為をしていることになってしまうのでしょうか?

いわゆる「正規の医療」であろうと「民間療法」であろうと、問題の核心は受診する人にとって適切な「治療」であること、そしてできるだけ経済的、その他の点で負担が少なく済むことだと思います。

現状の制度では、筋痛症や慢性痛はあまりにも軽視され過ぎているのです。

問題の本質をわかっている人達(医者も、民間療法の治療家も、患者本人も)が互いに試行錯誤しながら実績を積み重ねていくことにより、何が本当に「不正」で何が「正当」か、地道に見極めて証明していくしかありません。

「コペルニクス的展開」、これまでにない斬新な発想が求められる、難しい問題に直面しているのだという認識が必要とされているのではないでしょうか。
Commented by YA at 2008-11-04 21:10 x
>>いち患者さんへ

>整骨・整体院と接骨院は別のものです

おろろ・・・根本が間違ってる!
じゃあ整体師は明日から整骨院開業が出来るんですね!

YATTA~!!(爆

自分がもっと勉強しろよ!
整骨院・接骨院の開業には柔道整復師資格が必要なの!

整体は民間資格なの!


>資格も保険の取扱いも違うのでよく整理してお考えください。また保険の不正請求と医療事故は全く別の話です

そもそもが判ってないじゃん!(rw;

医療事故なんてどこにも書いてないが?(爆


>医師・柔道整復師・カイロプラクターなど治療家の皆さまが、バッシングしあうことなく、信頼のおける技術をもったパートナーを持ち、互いの特長を生かした連携プレー(医師が他の科の病院を紹介うあうような感覚)で治療にあたっていただきくことを切に願います。


ずいぶん奇麗事だね^^
俺は現実を知ってるからな(笑

真実は一つだよ!!
Commented by YA at 2008-11-04 21:31 x
>問題の核心は受診する人にとって適切な「治療」であること、そしてできるだけ経済的、その他の点で負担が少なく済むこと

それで治ってるならね・・・なんの問題もないのさ。
だが、無資格者を雇ってさせた施術まで保険請求をするのが、どれだけ問題かわかるかな?

>現状の制度では、筋痛症や慢性痛はあまりにも軽視され過ぎているのです。

私のはそれを理解した上でのコメントですがね・・・

>医師や柔道整復師のところで治療しても、起きる事故は起きます。


そりゃそうさ。正解に辿り着いてないのが大半だからな^^

>私の場合は、整形外科で悪化したムチウチ(要するに筋肉のケガですね)が接骨院で治りました。

そうですか・・・
私のところには整接骨院で施術されて後遺症だと来られましたが・・・

>治療家患者が互いに試行錯誤しながら実績を積み重ねていくことにより、何が「不正」で何が「正当」か、地道に見極めて証明していくしかありません

みんな我田引水ですからね^^

治せるのならそれでいいのです。

私が言ってるのは、治せない技術で保険取り扱いの仕事をやってる輩ですよ・・・
Commented by いち患者 at 2008-11-05 14:30 x
※昨日書いたものに、用語の使用法が間違っていた部分がありましたので、書き直しました。

>YAさん
整体院と接骨(整骨)院は別のものです。
資格も保険の取扱いも違うのでよく整理してお考えください。
また保険の不正請求と医療過誤は全く別の話です。

とはいえ、国家資格を持った医師や柔道整復師のところで治療しても、起きる事故(過誤)は起きます。
私の場合は、整形外科で悪化したムチウチ(要するに筋肉のケガですね)が接骨院で治りました。
アクビさんがおっしゃるように、「受診する人にとって適切な治療であったかどうか」の問題だったと思うのです。
整形外科が悪いとか、接骨院が悪いとか、民間療法が悪いとか、そういうことではなく、「正しい見立て」と「正しい治療」ができる知識と技術を身に付けているかどうかということです。

医師・柔道整復師・カイロプラクターなど治療家の皆さまが、バッシングしあうことなく、信頼のおける技術をもったパートナーを持ち、互いの特長を生かした連携プレー(医師が他の科の病院を紹介うあうような感覚)で治療にあたっていただきくことを切に願います。
Commented by YA at 2008-11-05 21:00 x
>>いち患者さんへ
間違ったことを指摘されて、一言もなく書き直すのはルール違反じゃないかね?

>資格も保険の取扱いも違うのでよく整理してお考えください。

そりゃ違うねえ。資格者が無資格者を雇って施術させて保険請求してる事が問題だと書いてるんだがね・・・目も見えないのかい?
しかも、あんたこっち側の人間だろ。
一般的にはそこまで判ってないんだが。

>また保険の不正請求と医療過誤は全く別の話です。

だから、俺が何時医療過誤を書いたんだよ。
電波DQNじゃないか?

>医師・柔道整復師・カイロプラクターなど治療家の皆さまが~

現実を教えてやろう。
医師は柔整を、柔整はカイロ整体を、カイロ整体は医師柔整を陰で馬鹿にしてるんだよ・・・

>医師が他の科の病院を紹介うあうような感覚

これはお互いが医師免状を持つ同じ立場だから出来ること。

医師が柔整・または整体を紹介して事故が発生した場合、
間違いなくとばっちりが来るのだよ。
法律上の扱いも別なんだよ。勉強が足らんな・・・
Commented by z at 2008-11-06 01:03 x
接骨院と病院での手術は全く違うと思います。
Commented by YA at 2008-11-06 03:54 x
>>Zさん
それは誰に当てたレスなのですか?

整接骨院と整形の手術は違う…
まあその通りです。

医科の有名な大学に、昔〔柔道整復科〕を作るという動きがあった時、上が

「あんなもの、医学ではない!」

と騒いだらしいです。
医学ではないのに、健康保険が乱用され大切な医療予算がだだ流し…?


そりゃたかじん含め、マスコミにもバッシングされますわね(笑
Commented by z at 2008-11-06 14:42 x
YAさん
このHPを見た全ての人に書きました。
病院で確かな治療をする際のミスと接骨院でよいものと思い込み誤った知識でする事は全く異なるものだと思います。
YAさんは「名のあるカイロプラクターにやられて寝込んだ一人」とありますので同じ考えではないかと思います。


<< 痙攣痛(spasm)とよぼう!      半月板損傷の手術をしたがよくならない >>