心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 10日

異所性発火

考える機会を持つ場としての学会活動
菊地臣一教授は、圧迫された神経根あるいは後根神経節内部における浮腫による「異所性発火説」を主張する。この異所性発火説の正否を文献学的に考察する。更に、臨床的検証を踏まえて異所性発火説に疑問を投げかける。


ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因だとするには「異所性発火」という概念を用いなくてはならない。
b0052170_22574537.jpg

この真中の図が異所性発火を表している。


異所性放電:感覚受容器の興奮を介せずに神経切断端などで発生するスパイク放電。愛知医科大学医学部痛み学(ファイザー)寄附講座「言葉のアラカルト」より


ヘルニアや脊柱管狭窄症によるといわれている「あの痛み」が異所性発火だとは到底思えない。

もし仮にそうだとしたら、ロキソニンやボルタレンなどの消炎鎮痛剤は全く効かない。

手術して即座に取るべきだ。取ったとしても傷ついた神経が回復するには時間がかかるだろう。

なお、愛知医科大学医学部痛み学(ファイザー)寄附講座「言葉のアラカルト」には「根性疼痛」「神経根性疼痛」「root pain」
「radicular pain」という言葉がない。

________________

この「異所性発火説」は間違いであると思っている。一般の人はなかなか理解できないであろうが、神経損傷に伴う痛みを臨床で経験した者はその違いはすぐに理解できると思う。

異所性発火説をいうのなら、筋筋膜性疼痛症候群や線維筋痛症との鑑別診断について述べるべきだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-10 22:23 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(7)
Commented by TK(タク) at 2008-11-10 23:00 x
サルの神経を絞扼しつづけると? 痛みの可塑性でしょうか??

愛知医科大学 学際的痛みセンター 教授 牛田亨宏

>猿の腰神経を2週間にわたって絞扼すると、脊髄視床路ニューロンのうち侵害刺激にも
>非侵害刺激にも反応する広域作動性ニューロンが増加逆に侵害刺激に特異的に反応す
>る広域値細胞が減少
http://d.hatena.ne.jp/ucymtr/searchdiary?word=%2a%5b%b5%ed%c5%c4%b5%fc%b9%a8%5d

非侵害刺激ってなんでしょう?
しつづける???
Commented by m_chiro at 2008-11-12 20:44
加茂塾の塾生として学んだことを伝えてきたつもりですが、根性痛については「そう言われてもなぁ~」と言うのがおおかたの感想かもしれません。
でも、中には興味を持ってくれる人もおり、先生のサイトを紹介しておきました。

カイロの間では、根性痛に「ダブルクラッシュ症候群」という仮説を持ち出す人がおります。例えば、神経根と末梢のどこかで二重に絞扼されると、軸索流に変化がおこり、末梢性の痛みとなるのだそうですが、成書にこのような仮説を見たことはありませんので、確かなことはよく分かりません。
整形外科領域で「ダブルクラッシュ症候群」などという仮説が語られたりするのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2008-11-12 21:56
それは聞いたことがないです。

この問題で最も疑問に思うことは、筋痛は否定しようがありませんね。ではヘルニアや脊柱管狭窄症を支持している人はそれとの鑑別を述べるべきなのです。

たとえば、「似たような症状を呈する疾患としてMPSがあります。鑑別は・・・」というふうに。

それから、この痛みが異所性発火だのCRPSだのというのはお話にならないレベルですね。

そう思うなら、パップ剤や消炎鎮痛剤を処方しないことです。ぱっぷ剤をどこに貼ればいいというのでしょうか。
Commented by m_chiro at 2008-11-14 09:12 x
先生、ありがとうございました。
どうも分けがわからなくなると、いろんな仮説が横行するのでしょうか。

多くの整形外科の先生方も自己矛盾に気づかずに処方されているのか、それともお手軽に対応しているだけなのでしょうか。

先生の教えを受けていると、当たり前に見聞きしていたことにも「???」が湧き出してきます。
これは大きな進歩だと思っています。
Commented by junk_2004jp at 2008-11-14 12:10
ダブル・クラッシュ症候群はchokoring さんが教えてくださったページにでていました。

頚椎症+手根管症候群、みたいな感じですかね。

ダブル・間違い・症候群ww

この場合、頚椎症という概念そのものに疑問があるわけですから、「な~んちゃって頚椎症」です。

手根管症候群も「真性の・・」と「な~んちゃって・・」がありますから、もうわけのわからないもの同士の会話になっちゃってるのでしょう。

絞扼性神経障害かどうかという一点なんでしょう。
Commented by m_chiro at 2008-11-16 22:06 x
「ダブル・間違い症候群」なんですね。
この方がよく分かりました。
「麻痺」か「痛み」かの物差しを持った方が分かりやすいようですね。
Commented by junk_2004jp at 2008-11-16 22:23
そうです。マヒ性疾患はペインクリニックではあつかいませんね。なにしろ局痲を使う科ですから。


<< 頚の微小損傷がきっかけ      ~反復する頭痛と腰痛~うつ病の... >>