心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 15日

パンドラの箱

筋痛症はパンドラの箱

筋痛症はおそらく大昔から人類とともにあったと思います。世界各地に伝承医療として治療法が残っています。

ブッシュマンは植物のトゲを利用したと聞いています。スラブ地方でしたか、蜂を捕まえて痛いところを刺す治療もあります。

鍼、お灸、指圧、按摩、これらはみんな筋痛症の治療なんですね。

ところが20世紀の後半になってレントゲンやMRIなどのハイテク機器が医療に利用されるようになって、筋痛症の原因を間違えてしまったわけです。

ヘルニアだとか軟骨が減っているとか椎間板が悪いからだとか、間違った仮説が流行したのです。

しかし、今、この仮説は見直されているのです。

健常人でもこのような異常はしばしばみられること、そのような仮説に従って治療しても結果はよくないこと、痛みの生理学では説明不可能なことなどが分かってきました。

最近、慢性痛(症)という概念がさかんにいわれるようになってきました。慢性痛症を作らないようにするには、早く痛みを止めてやるべきなのです。

本当にヘルニアが原因だと思うなら、早くヘルニアを取ってやればいいのです。

痛みが慢性化してくると広範囲に痛みが起こることがあります。人間の体は筋肉だらけですからね。

ある許容範囲を超えるとバーっと広がることがあります。最近多いのは介護とパソコン業務です。それが線維筋痛症。

ヘルニアと線維筋痛症。変形性股関節症と線維筋痛症。

変形性股関節症は跛行のことが多く、下肢の筋痛症から始まり線維筋痛症になることが多いように思う。

ヘルニアと診断されている線維筋痛症はしばしばある。ヘルニアがあるから線維筋痛症になるのではなくて、もともと部分的な筋痛症だっただけ。

寝違えで腕がしびれるといったら、MRIを撮り、ヘルニア。

パソコン業務で肩こり、腕がしびれるといったらMRIを撮り、ヘルニア。

スケボーで下腿痛と腰痛で、MRIを撮り、ヘルニアと脊柱管狭窄症。

ゴルフで脚がつったらMRIを撮り、ヘルニア。

ヘルニアがなかったら「異常なし」「原因不明」「ヘルニア、取るほどでもない」

これが日本の痛み医療の実態なのでしょうか。このままだと大変なことになりますよ。子供に高価な道具を与えたようなものです。

パンドラの箱は開けないほうがいいのでしょうか。

筋痛症を認めると、労災、自賠責、大変なことになるかもしれません。

ヘルニア、固定術学者先生、困りますね。

筋痛症の患者さんは大変多くその治療は手間、時間がかかるので、保険診療も見て見ないふりを決め込んでいるのか。

2chより

「レントゲンじゃ分かりませんよ。私も小さい整形にいったら筋肉痛と言われ。大きい病院いってMRI撮りましたら即入院手術でした。今日で10日目。明日退院です。」

小さい整形が正解です(笑)。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-15 22:02 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by teru at 2008-11-16 00:46 x
先日の健康診断で「手がしびれる」と書いたところ、問診の医師の方、頸を左右に曲げて痛みの有無あるなし、指をパーにして、力比べ、等々調べてくれていわく、「まだダイジョウブだと思うけど、ひどくなったら、MRIで検査してください」とのこと。
ヘルニアと骨の変形による神経根の圧迫の説明を図に示してくれました。少し悪乗りして、「首の神経が悪くて、なんで手に症状がでるのか」聞いてみましたが、支配領域に症状が出るといういつもの説明だけでした。
心配になって病院に行っちゃったりするとそこで痛みと心配のループにはまっちゃったりするんだろうな。落とし穴は意外なところにもあるものです。
多くの医師の方々は“神経の圧迫で痛み・シビレが出る”って信じてるのですね、でもその説明はなんとなく釈然としないことばかりで、特に手術に関するしきい値の説明はまったく一定でない気がします。
加茂先生と同じ治療を近くで受けられたらなあ・・・。
Commented by junk_2004jp at 2008-11-16 00:58
手がしびれるのは、前腕部の筋痛症のことが多いです。前腕の圧痛点をブロックすると、すぐにしびれがとれることがあります。

たとえば、一日中、マウスを握ってパソコンをしている人。

線維筋痛症の症状に冷感、しびれがあります。

想定すべき病態は筋痛症、うつ状態、不安障害などです。
Commented by YA at 2008-11-16 01:36 x
そのうち整形外科での治療の大半が、筋痛症扱いになるのでしょうか?


答えはノー!です。

もう戻れない業界なのですよ…


戻れないのは何故か…


必要ないプラセボを売る、製薬業界との癒着。


管轄の違う厚生省と労働省をまとめてしまった国家の無謀。

そして健保頼みの医療が、エンドレス集金システムになってしまっている事…


いっそのこと、諸外国みたいに健保無くせばいいのに。


ちゃんと収入に応じて割り戻しがあるような策に切り替えないと、無駄な医療費の支出は無くならないでしょう。


予算は無尽蔵ではないのですから。


<< 椎間板ヘルニアによる神経根症状      ヘルニアという病名? >>