2008年 11月 17日

5回の腰の手術

4回の腰の手術   ☆番長のところは4回ですか^^☆

Aさん(60歳代、男性)はH14年よりH20年にわたって5回腰の手術を受けています。ほぼ2年間隔ですが、最後は3か月の間隔です。

X病院で3回、Y病院で2回です。X病院、Y病院とも腰の手術では有名な病院です。ね、ケイしゃん^^。

手術時の病名は、最初から順に、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症です。

私の患者さんから紹介を受けて来院されました。

術後はしばらくは痛みが弱くなっているのですが、1W~数Wでまたもとのような痛みになったそうです。

「すべてすることをしたので、もうすることがない。」
「時間が薬なので、近くの医院で養生してください。」

なんていわれて、近医で電気治療を受けていたが、よくならない。

私は診断の仕方に問題があると確信しています。痛みの原因は構造的なことではなくて、筋肉の痙攣痛なのです。

習慣化した筋肉の痙攣痛!

手術をすれば一時的に痙攣痛が治まることがあるものと思います。また手術は最も大掛かりな儀式ですからプラセボ効果もあって、よくなることもあるものと思います。

痛みの本質を見抜いてください。

このブログを書いたあとに番長さんのブログを見ましたら、手術4回がでていましたので、トラック・バックしました。

医師も患者さんも痛みの本質に気づくことを祈ります。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-11-17 18:10 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by keisyan at 2008-11-17 20:10
>X病院で3回、Y病院で2回です。X病院、Y病院とも腰の手術では有名な病院です。ね、ケイしゃん^^。

あちらとこちらですね(-_-;)

>また手術は最も大掛かりな儀式ですからプラセボ効果もあって、よくなることもあるものと思います。

これがくせもの。。。私は麻酔の効果よりもこっちの方が強力だと思っています。



<< 筋性疼痛のメカニズムはどこまで...      椎間板ヘルニアによる神経根症状 >>