心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 03日 ( 1 )


2005年 06月 03日

すべり症?・肩板損傷?

Aさんは3月頃より、お尻~下肢にかけて痛くなりました。とくに朝、起きたときがつらい。「腰椎すべり症」と診断を受け、薬を飲んでいますがよくなりません。

Bさんは3月ごろ車を運転していて急に左肩に激痛が走りました。以来、動かすと痛い状態が続いています。肩板損傷の疑いがあると診断されたことがあります。

AさんもBさんも今日、診察にいらっしゃいました。お二人とも、インターネットをなさるとのことで、これを見ていることでしょう。

二人とも、圧痛点をブロックして、症状がなくなりました。「筋筋膜性疼痛症候群」だったのです。
ストレスが原因でスイッチonになったのですが、生じた生理的変化が終わらないのです。

待機電流が流れた状態にあって(ストレス状態)、スイッチがはいるのはちょっとしたことです。

このような方法(圧痛点ブロック)は生理的変化を修正するきっかけになります。なによりも患者さんは「そうだったのか!」と理解できます。

たぶん1回~数回の治療で治癒することでしょう。構造的な診断は痛みには無意味です(骨折など、感染症、悪性腫瘍を除いて)。

ストレスがなぜその場所を選ぶのかは不思議です。実にいろいろな場所に痛みを訴えていらっしゃるものです。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-06-03 23:58 | 症例 | Comments(0)