心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 20日 ( 1 )


2005年 06月 20日

いろいろ

MRIを受ける前に先生に質問してください。

「MRIで所見がない場合もあるのでしょうが、その時は何が原因だと思いますか?」

痛みやしびれの訴えに対してMRIは「骨折、悪性腫瘍、感染症はない」という除外診断の意味しかありません。

痛みやしびれに対してMRIで積極的な原因が分かるものではないのです。麻痺の場合ならば意味があります。脊髄や末梢神経が圧迫を受けていることが考えられるからです。

それで先の質問ですが、少なくともそれぐらいは前もって聞いて医師の実力を試されたらいいでしょう。高い検査を受けることですから。

「よかったですね。ヘルニアはないですよ。」
「それではこの痛みは何が原因でしょうか?」
「・・・・・」
____________________________

掲示板で「心気症」のことが話題になりましたが・・・

腰痛で整形外科を訪れて、カルテを開示したとき、このような病名の記載や印象の記載があったときはいやな気分になるでしょうね。だからカルテには真実は書けません。カルテはあくまでも保険請求のためのもの医療行為の記録簿です。
____________________________

脳脊髄液減少症

脳と脊髄の周囲を循環している脳脊髄液が漏れると脳の位置が下がり、頭痛やめまい、吐き気などの症状を起こす。髄液を採取した際などに発症する「低髄液圧症候群」が知られていたが、むち打ちや転倒時の衝撃などでも、髄液が漏出することがあると主張されるようになった。患者本人の血液を注射し、血液凝固で髄液が漏れた場所をふさぐ「ブラッドパッチ療法」が有効とされる。


慢性むちうち症の補償に関する訴訟でこのことが取り上げられているそうだが、こちらの方向で争うのは作戦上まずいかもしれない。

痛み、しびれなど形而上のことを形而下のものとして争うと相手に反証の機会を与え結局は泥沼化するか。

慢性むち打ちが皆そうであるわけでもないし、その治療をしても皆がよくなるわけでもない。
やはりfunctional somatic syndromeという方向から理論を展開したほうがよさそう。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-06-20 01:36 | Comments(8)