心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 22日 ( 1 )


2005年 06月 22日

急性痛も慢性痛も同じ理論の線上

慢性痛は脳の痛みの回路が可塑的変化を起こし、あたかもギアがロックされたような状態です。身体には(たとえば腰)全く構造的異常はありません。脳の極一部の回路が不具合状態にロックされてしまっているのです。老化変性を構造的異常ととらえるべきではありません。

なんとかロックがはずれてオートマチックギアの状態にもどればいいのです。そのためには、まずは気づくことです。

心の力がそれを可能にすると昨日お話したシュウォーツ先生はおっしゃっています。私もそのように思っています。

心が脳を変えられるという信念です。心はどこにあるのかという議論は哲学的で興味はありますが、心が脳を変えられると信じることです。洗脳とはそういう現象なのでしょう。他人に洗脳されるということは危険ですが、自分で痛みの回路のところだけを洗脳する分には迷惑も費用も副作用もかからないのでやってみることです。

脳に作用する薬剤は抗不安薬、抗うつ薬です。それを利用するかしないかは個々の状態に応じて考えるべきです。それがロックがはずれるきっかけになるのなら安いものです。

生じた痛みがブレイン・ロックを起こすのか起こさないのか、起こすとすればどれくらいの期間でか?不安傾向の人、完全主義の人はブレイン・ロックを起こしやすいようには思いますが・・・・。また医師の説明のいかんにもよることでしょう。

慢性痛は痛みそのものが治療の対象です。ということは急性痛もそういうことです。ただし、痛みを伴う疾患として例外的に鑑別しなければいけないのは、感染症、明らかな損傷(骨折、肉離れ、腱や靱帯の損傷)、悪性腫瘍があります。これらも、損傷と痛み、感染と痛み、悪性腫瘍と痛みはそれぞれ別々に考えて治療すべきです。原疾患が治っても痛みが続くことがあるからです。

急性痛は局所麻酔と消炎鎮痛剤、慢性痛は抗不安薬と抗うつ薬が武器となります。
慢性痛の治療に成功するということは「私は○○をしてブレイン・ロックを解除することに成功した。」ということです。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-06-22 17:11 | 慢性痛 | Comments(12)