心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 24日 ( 1 )


2005年 06月 24日

1W前より声がでにくい

「1W前より声がでにくいのですが、知り合いの人にだまされたと思ってここで診てもらえと言われてきました。科が違うと思うのですが・・・」

Aさん、60歳代、男性。

「そうですか。それではだましてみましょうか^^。何かストレスに感じていることはないですか。」
「特にありませんが・・・。」

Aさんはかすれた聞き取りにくい声をやっと出しています。

「それはある意味では重症ですね^^。たいがいストレスはあるものですが・・・。夜は眠れますか?肩こりはどうですか?」

「最近は眠られるようになりました。2W前ごろは肩こりがひどかったのですが、今はそれほどではありません。」

「たぶんストレスに関係した症状だろうと思います。ここは痛いですか?」
b0052170_15374077.jpg
(写真は別人です)
両側の斜角筋に強い圧痛がありました。そこに1ポイント0.5mlの局所麻酔を注射しました。(浅く)そしてしばらくスーパーライザーをあてました。

「あ~、すごく楽になりました。」Aさんの声は聞き取りやすくなっていました。
「喉の筋肉の凝りが原因だったのです。その原因はストレスです。あなたはストレスに感じていないのでしょうが、体が反応しているのです。あなたは完全主義的なことはないですか?また頼まれたらどんなことがあっても断れないタイプではないですか?」

「そうなのです。修理を頼まれると前の晩に段取りを考えて眠れないことがあります・・・」
「そのような性格は職人としてはとてもたのもしく思いますが、体調の維持には具合が悪いことが多いのですよ。」

私は耳鼻科ではないので声帯の観察はできませんが、このような治療をして効果があるのなら声帯の構造的な異変は考えられないでしょう。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-06-24 16:08 | 症例 | Comments(10)