心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2007年 11月 28日 ( 1 )


2007年 11月 28日

痛みを診ることのできない医師たち①

今回は、脊柱管狭窄症の痛み?

神経根性疼痛、根症状、根刺激症状、nerve root pain、 radicular pain これらの言葉で定義されている痛みを根底から払拭しなければならない。

神経根には痛覚受容器(ポリモーダル受容器)がない。そこを刺激したところで、そこに炎症が起きたとしても痛覚は生じない。それは生理学が教えるところである。

神経根に注射針をさしたときに痛みが再現するのを根拠にすることもあるが、これは無茶な話だ。針を刺せば穴があき一過性に脱分極が生じる。圧迫とは全く異なる。

根性疼痛という間違った概念をなんとかしないかぎり、誤診が続くことになり、患者の痛みは救われない。

私は、少なからずの症例を診てきた。私が診たところではいずれも筋痛症だった。

エリーさんの闘病記より
ややしばらくして、
「まあ、反射がちょっとおかしいかな、とか脈も多少は弱いかな、とかさ、全然異常がないかといわれれば多少はあるけど。こんなの肩こりもちの中年なら誰でもあるってレベルじゃないの。こういうのを僕たちは神経障害とはいわないからね。これくらいのヘルニアでオペしていたらリスクとリターンのバランスが取れないよね。もっといろいろ痛みや障害のスコアが高い人でも、大丈夫です、って保存治療して愚痴のひとつも言わずにリハビリしてる人たくさんいるんだよ。僕にどうしろっていうの?」


エリーさんは痛みの診察にいったのだが、医師は麻痺の検査をしていてその説明をしているわけだ。しかし本人はそれさえも気がつかない。痛みを診察する技術もノウハウも持ち合わせていないのだ。
________

先日の症例(60歳代):4年前、左下腿が痛くてしびれていた。脊柱管狭窄症との診断で手術をした。手術は5時間ほどかかった。治癒。

今回、反対側の下肢が痛くなってきた。また同じ診断。私が診たところでは、下肢の筋痛症だ。

5時間も全身麻酔で筋弛緩剤を投与していれば、たいがいの筋痛症(spasm)はリセットされるのかもしれない。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-11-28 21:51 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)