心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2007年 12月 09日 ( 1 )


2007年 12月 09日

痛みの疾患に対するガイドライン

疼痛性疾患に対するガイドラインは危険だ。考え方を一方的に固定してしまう可能性がある。

痛みというのは個人的な体験(experience)なのだから、そういうものに対してガイドラインを作るのはいかがなものか?

製作する医師グループの潜在的な考え方に大きく影響するだろう。それは日本の椎間板ヘルニアのガイドラインやヨーロッパの腰痛ガイドラインをみてもわかる。

それがバイブルになってしまう可能性がある。それを批判的にみることができない人をつくる。

私は痛みのメカニズムに沿った考え方が重要だと思う。mechanism based medicine.
[PR]

by junk_2004jp | 2007-12-09 08:05 | Comments(4)