心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2007年 12月 18日 ( 1 )


2007年 12月 18日

筋痛症

「臨床痛み学テキスト」より

近年、線維筋痛症と筋・筋膜痛症候群が、長い経過をたどり、広範囲に広がるうずきと痛みの徴候と症状の大まかな二つのグループについて説明する言葉として使用されている。

CantuとGrodin(1992)は、そのような複合した痛みの状態の連続について詳述することにより、筋痛を詳しく分類した。彼らのシェーマでは、線維筋痛症候群は非常に複雑な病態の最終型であり(Carli et al.,2000)、力学的あるいは急性の筋痛は最も単純なもの、筋・筋膜痛症候群はその中間であるとしている。

これらの痛みの管理の最もよいアプローチは、その痛みの症候群の複雑さがどの程度の位置にあるかを考えることであると言及している。


________________________


たとえば「むち打ち」

筋肉の急性の捻挫(微小損傷)→筋・筋膜性疼痛症候群→線維筋痛症
[PR]

by junk_2004jp | 2007-12-18 22:10 | 痛みの生理学 | Comments(8)