心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2007年 12月 25日 ( 1 )


2007年 12月 25日

仮説(椎間板ヘルニア)

b0052170_188482.jpg



科学の反証可能性。(宗教は反証できない)

仮説を倒すのは仮説だけである。

我々の常識は仮説にすぎない。


仮説:ヘルニアが神経を圧迫したり、炎症を起こして痛みが生じている。

反証:

①ヘルニアがあっても痛くない人や、デルマトームに一致しない痛みの人が相当いる。
②手術をしてもよくなるとはかぎらない。
③手術をしてもしなくても2年後の成績はかわりがない。
④生理学で神経を圧迫すると痛みが生じるということが言われていない。
⑤ヘルニアを放置したので障害をきたしたという例がない。(馬尾症候群と頚椎の脊髄症は除く)
⑥筋硬結を触知できる。
⑦神経根ブロックが効かないこともある。
⑧圧痛がある。
⑨心理・社会的要因によって痛みが左右される。
⑩慢性痛になることがある。
⑪ラセーグテストが神経圧迫のサインというのはいかにも怪しげ037.gif

仮説:筋肉の強いspasmが痛みの原因である。ヘルニアは筋肉の短縮や疼痛回避動作の結果かもしれない。

このような仮説をたてることによって上記の反証はとりあえずクリアできる。手術後よくなることがあるのは、
全身麻酔によってspasmがおさまったのかもしれない。

どちらの仮説を信じようと自由なのだ。宗教ではないので反証が可能だ。このようにして科学は進歩していくのだろう。

私は当然、spasm説を信じて治療している。こちらの方が費用や危険が伴わないし、治療効果もよいと思っている。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-12-25 18:32 | 痛みの生理学 | Comments(9)