心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2007年 12月 31日 ( 1 )


2007年 12月 31日

古くて新しい筋痛症

ほとんどの痛みは筋痛症であるにもかかわらず、整形外科医は筋肉に関してほとんど知識がないといってもよいだろう。それはそのような教育を受けてこなかったためもある。私自身も知らないことが少なくないので、日々勉強である。

長年この仕事をしているとそれを痛切に感ずる。腓腹筋の筋痛症を腰からきていると診断されるのはごく普通のことだ。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症などと言われている痛みも結局は筋痛症なのだ。筋痛症は鑑別疾患にも取り上げられていない。なにかそれについて触れてはいけないかのようである。

今の整形外科で受ける説明には矛盾がいっぱいある。それはこのブログで繰り返し述べてきたところだ。私はプロだからすぐにそれに気づくが、気づく患者さんもいれば、気づかない患者さんもいる。

「信じてしまうけれど、説明聞くたびになんとなく矛盾を感じるし、どこか釈然としていないから、「面倒な患者」になって見放されてしまい、さらに惑う。」teruさんがコメントで述べておられる。

他の掲示板では、2度目、3度目の患者さん、オリンピックの年たびに手術をしているかたもみられる。早く筋痛症という観点から症状を見直してほしいと願うのみだ。大切な人生だから。

手足がしびれていて頚にヘルニアがあれば頚部脊髄症と診断するぐらいのレベルなんだ。これが現実なのだ。

筋痛症は罹患した筋によっていろいろな症状をおこす。痛み、しびれ、冷感、むくみ、筋力低下、疲労、睡眠障害、うつ、耳鳴り、頭痛、息苦しさ、喉つまり、めまい感。

医師は画像診断、血液診断ばかりで、また最近は電子カルテの普及で、キーボードをうつのに一生懸命で、触診はほとんどしないことが多いと聞く。筋痛症は触診がとても大切だ。触診すればわかる。

画像や血液では筋痛症は異常がみられない。画像所見はどちらかというと筋痛症の結果なのだ。そのために異常なしといわれたり、誤診されたりしている。

筋痛症がどうして発症するのか。

繰り返される動作や外傷(手術)によって筋肉に微小損傷が発生して、筋硬結をつくる。わけあり筋になってしまうのだ。

筋痛症は不安や抑うつととても深い関係がある。筋痛症が不安や抑うつを生じさせるのか、不安や抑うつが筋痛症を持続させるのか。

筋痛症の概念がない整形外科医によって作られたガイドラインは信用できない。そもそも腰という臓器はない。どこからどこまでを腰というかきまりがあるわけではない。腰回りというとベルトのあたりのことでお腹もはいる。お尻は腰に入るのか。

同じ事で関節という臓器もない。骨、軟骨、靱帯、筋腱、半月板、粘膜、滑液包というパーツからなっていてその範囲も漠然としたものだ。

膝(関節)痛というと「関節が痛い」と思うが、関節とは何なんだ。隙間のことか?025.gif隙間が痛いわけはないし。どのパーツが痛みの発信地になっているか追求すべきだ。まず半月板、軟骨、骨のポリモーダル侵害受容器が存在しないパーツは除外することだ。そう考えるとほとんどが筋腱などだ(滑膜のこともあるが)。

この概念を早く普及させるべきなのだが、「適切な言葉」がない。筋筋膜性疼痛症候群では長すぎる。

「筋肉痛だからほっておいたら治ると思っていた。」五十肩でこのように言って受診される方がとても多い。筋肉痛はあっているのだが、あとが違うのだ。筋肉痛は決してそういうものではないのだ。短縮し始めた筋肉はほっておいたら元にもどることはないのだ。

筋肉を鍛えるのではない。できれば筋硬結を取り去りもとの長さに戻すことだ。ワケあり筋を鍛えてもだめなのだ。治療しないでいると29日のブログのように体は伸びなくなり歩行に支障をきたすようになることもある。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-12-31 14:44 | 痛みの生理学 | Comments(7)