心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2016年 01月 31日 ( 1 )


2016年 01月 31日

痛みセンター連絡協議会

http://www.aichi-med-u.ac.jp/mpcmhlw/list.html

◯痛みに対してまず重要なのは慢性化させないことであり、痛みに対して早期に適切な対応を行うことが重要である。そのためには、痛み専門医のみならず一般医についても、痛みに対する診療レベルを研修等により向上させる必要がある。一般医にも利用しやすいガイドラインやフローチャートを作成し、一般医であっても、痛み診療の入口、慢性化する前、慢性化してしまった後のそれぞれの段階で、器質的要因、精神医学的・心理学的要因等について適切に評価し、対応できるような医療体制の構築が望まれる。

◯一般医で対応困難な痛みについては、関係する診療各科の医師や、看護師や薬剤師等の各職種のスタッフが 連携して治療にあたるチーム医療を行うことが求められる。そのためには、チーム医療の核となる痛み診療 部門を整備し、診療だけでなく、情報収集や情報発信、人材育成、講演活動等、慢性の痛みが持つ多様な問題点について、広く社会に啓発する役割も付帯することが望ましい。

◯痛み診療体制の構築には、医療従事者の役割分担や連携について明確化するとともに、関係団体や関係学会等との連携の下で、痛み診療に精通した人材の育成等が必要であり、さらに経済的に痛み診療が成り立つ診療報酬の整備等、現状に即した対応が求められる。がんの緩和医療チームは、このモデルになり得ると思われる。

○慢性の痛みに関する病状や検査結果、治療法等の説明は、患者がその説明内容を正しく理解した上で行われ、患者も主体的に医療参加できるような診療体制を整備していく必要がある。


《メンバー構成》
1)痛みセンター協議会は本格的あるいは暫定的に集学的な痛み診療を現在行っており、将来的に慢性痛に対する集学的な診療システムの構築を強く目指し、リードできる施設 をメンバーとして構成される。
2)現実的で、有用性の高い集学的慢性痛医療の構築を図り、その医療を推進するために、各施設から代表および副代表(複数可)を選定する。(異なる職域であることが必要である) 尚、構成施設については今後、協議会の発展と共に増員、変更していく。


痛みセンター連絡協議会所属施設      平成26年8月現在

札幌医科大学、福島県立医科大学、東京大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、愛知医科大学、滋賀医科大学、大阪大学、岡山大学、高知大学、九州大学、〈平成26年度より〉新潟大学、獨協医科大学、日本大学、富山大学、三重大学、愛媛大学、山口大学、山形済生病院

[PR]

by junk_2004jp | 2016-01-31 13:05 | Comments(0)