心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2016年 02月 04日 ( 1 )


2016年 02月 04日

「健康」3月号 2016年

b0052170_14252527.jpg
b0052170_14261965.jpg


私の解説と11症例が紹介されています。

「筋膜ほぐし」という言葉は雑誌社の今回のテーマです。

特に言葉にこだわりませんが、イメージの問題です。

ポリモーダル受容器は主として筋膜についています。

運動神経の週末は筋肉についています。

私は「筋・筋膜」でいいと思いますが、そこまで厳密に言わなくても「筋肉」でもいいと思います。

「筋膜」でもいいでしょう。

神経が原因ではありません。

「慢性痛症候群」とは過敏になった「痛覚認知システム」です。

介入する場所は「ポリモーダル侵害受容器」と「背外側前頭前野」。

どのような介入の仕方がいいのかは個人差があります。

早期介入がいいようです。

他人の悪い癖を治すのですから、患者さんが主体です。

認知行動療法、知識をつける、TPB、ハリ、薬などがあります。


[PR]

by junk_2004jp | 2016-02-04 14:38 | Comments(1)