2017年 03月 14日 ( 1 )


2017年 03月 14日

慢性痛は中枢性感作=痛みそのものが治療の対象

慢性痛の本態=中枢性感作=脳脊髄の学習=脳脊髄の記憶=脳脊髄の可塑的変容=脳脊髄の痛覚過敏

いろんな表現がされるが患者さんにわかりやすく説明するには「火災報知器が過敏になってしまって、お湯をわかしただけで、あるいはタバコをつけただけで鳴り響く状態」というのがいいでしょうか。

b0052170_1942013.jpg

熊澤孝朗先生のサイトより


可塑的変容とは http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/react-plasticity.html

シナプス可塑性 synaptic plasticity:神経の活動頻度や活動パターンに依存して、シナプス伝達効率が可塑的に変化する現象で、記憶や学習の基礎過程と考えられている。


痛みは3ヶ月で脳脊髄で可塑的変化が生じるといわれている。強い痛みならわずかな期間で!

痛みは単純に書けばポリモーダル受容器で電気信号が起こり脳脊髄に到達して認知・反応が起こる。

b0052170_19534392.jpg


悪循環するので早く止めることが重要。

構造破綻が伴っていたとしてもそれの治療と痛みの治療は別問題。痛みの治療は重要。構造の治療はゆっくりでもよいし、しなくてもよいことが多い。

b0052170_19572795.jpg


先日、FBで紹介された「脳はいかに治癒をもたらすか」を買いました。
b0052170_20344880.jpg

b0052170_20353488.jpg


帯を読んでください。



脳卒中、自閉症、ADHD、パーキンソン病、慢性疼痛、多発性硬化症、視覚障害

これまで治療困難と考えられていた神経に由来する機能障害の多くは、<神経可塑性>を活かした治療で劇的に改善する可能性がある。


慢性痛の治療は他人の脳の記憶を変える治療ということです。(可塑的変容返し!

前医によって強く洗脳されていた脳

頑固、こだわり、注意集中脳

不安、抑うつ脳、ストレス脳、発達障害

脳が良い悪いという問題ではなくて個性豊かな脳活動をどう変化させるかということです。

医師の診断方法を大きく変える必要があります。

保険診療の病名を洗い直す必要があります。

今まで第一人者といわれていた医師にはきのどくなことですが、態度を一変するのは難しいでしょう。

しかしいつまでも、ヘルニアだの脊柱管狭窄だの軟骨だのいって無駄な検査、無駄な治療を続けるのは多くの患者さんにとっては辛いことです。

医師は役者であるべきなのです。

信頼される態度、服装、マナーは基本的なこと(忙しいとなかなか難しい)


[PR]

by junk_2004jp | 2017-03-14 19:57 | 慢性痛 | Comments(0)