心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 11日 ( 1 )


2017年 05月 11日

X-JAPANのYOSIKI 首の再手術

http://junk2004.exblog.jp/11638170/

2009年に一度手術を受けています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000003-jij_afp-ent

事務所の声明によると、YOSHIKIはロサンゼルス(Los Angeles)で今月16日、頸椎の人工椎間板置換術を受ける。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00010014-abema-ent

約半年前から頸椎椎間板ヘルニアが悪化し、腕や手にマヒ・強度のしびれなどの症状が表れ、演奏にも支障をきたしていたという。病院で精密検査を受けた結果、頸椎椎間孔狭窄症と診断され、日米双方の医師と何度も協議を重ねた上で、手術を行うことを決めたと説明している。

金沢脳神経外科病院の佐藤秀次病院長によると「神経への影響は無くなるが、神経がどれだけ回復するかは未知数。術後のリハビリが重要」だという。


回復するかしないか分からない、回復しなかったら神経へのダメージが強くて手遅れだったという理論ですね。

しびれ・痛みなのか神経麻痺なのか?

麻痺といっても長時間鉄棒にぶら下がっていたり、綱引きをした後では指がしびれて動かなくなることがありますね。これは神経麻痺ではありません。

指がこわばっていてしびれがある人

長時間ものを持つ仕事をしていた人、破砕機使用など

指の小さい筋肉や前腕の指を動かす筋肉のMPSです。

脊椎外科医はこれを神経根症と誤診するんですよね。そしてしなくてもよい手術をする。

YOSIKIさんの場合もMPSだと思います。

ドラマーなので指を動かす小さな筋肉や前腕の筋肉のMPSが考えられます。

「神経根を圧迫するとその神経に沿って痛みやしびれが生じる」という生理学は存在しません。

では麻痺は存在するのか?

私は診たことがありません。麻痺とは痛み・しびれ(ジンジン)とは逆の現象です。無感覚(知覚鈍麻)、運動麻痺です。

分娩麻痺や引き抜き損傷でみられます。

音楽家に多いジストニア、イップスも考えられます。

http://kenko100.jp/articles/140603002988/#gsc.tab=0


b0052170_20284519.jpg





[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-11 20:29 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)