心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 16日 ( 1 )


2017年 05月 16日

筋筋膜性疼痛症候群と線維筋痛症

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_594.htm

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の診断基準 (Simons,1990)

International MYOPAIN Society

●大基準
1局所的な疼痛の訴え
2筋筋膜の圧痛点から関連痛として予測しうる部位での疼痛あるいは違和感
3触れやすい筋肉での索状硬結の触知
4索状硬結に沿った一点での強烈な庄痛点(ジャンプサイン)の存在
5測定可能な部位では、可動域のある程度の制限

●小基準
1圧痛点の圧迫で臨床的疼痛の訴えや違和感が再現する
2圧痛点付近で索状硬結に垂直に弾くような触診を加えたり、圧痛点に注射針を刺すことで得られる局所的ひきつり反応
3筋肉を引きのばしたり(ストレッチング)、圧痛点への注射により疼痛が軽快する


診断には大基準5項目すべてと、少なくとも1つの小基準を満たすことが必用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

線維筋痛症

http://www.jfsa.or.jp/page0101.html


全身に18箇所の圧痛点があり、4kgの力で押し11箇所以上痛く、また広範囲の痛みが3ヶ月続いていることが条件。11箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症と診断されることもあります。他の病気があっても線維筋痛症の診断は妨げられません。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-16 21:14 | MPS | Comments(0)