心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 19日 ( 1 )


2017年 05月 19日

心因の要素が大きいほど強い痛み

「すっごく痛い!」

目蓋を強く閉じておっしゃることもある。

そういう感じの患者さんは心因の要素が大きいと思っている。

心因の要素が絡まない慢性の痛みはないのだが、長いこと医師をしていると、見えてくるものがある。

お手紙をいただきました。

都合で中途半端を承知で退院せざるを得ず・・・小松空港では痛みで歩けなくなり情けなく涙をながしました。

到着した空港では車椅子を頼みタクシー乗り場へ、やっとの思いで帰宅・・・

先生が毎回”よく歩いてください”と仰せられるお言葉を守り帰宅しましてから毎日、杖は離せませんが、一心に歩きましたところ、痛みはあるものの20分ほど歩けるようになりびっくりしております。

10年前になりますが、母が寝込み自宅介護・・・

お葬式の時、突然足に痛みが走り歩けなくなり、それ以来今日に至るまで痛みを抱え8年になります。

医師からは手術を勧められ半ば諦め一縷の望みをかけせっせとジム通いするも改善せず、なるようにしかならないと諦めておりました。

その時、テレビで加茂先生を知り藁をも掴む思いで・・・本当の治療に巡り会うことができました。

初めて”治る”と確信の持てる治療に感謝いっぱいです。

2週間という短期治療でありましたのに8年間も苦しめられた痛みが3割確実に快癒いたしております。

誠に嬉しく希望の持てる日々に心から感謝しております。


[PR]

by junk_2004jp | 2017-05-19 21:58 | 慢性痛 | Comments(0)