心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 11日 ( 1 )


2017年 07月 11日

椎間板ヘルニアは腰下肢痛の原因ではありません(2例)

症例1:本を読んだだけで、症状はかなり改善していました。ヘルニアが痛みの原因ではありません。心理・社会的疼痛症候群=筋筋膜性疼痛症候群です。
歩行困難な中ふっと手にした先生の本。呼ばれた気がします…。ヘルニアが大きいので思い切ってオペをしたらどうかっと言われました。今年1月にも1度動けなくなりヘルニアが少し出てきたのでリリカと湿布が出されました。夜勤中に脚が動かなくなり退職しました。4月5月と痛みしびれもなかったのですが6月は寝たきりに近い生活でした。
手術かぁ~っと落胆していたところ、先ほど本屋で偶然先生の本が目に入り読むにつれて、いてもたってもいられず御連絡した次第です。昼には手術をして生まれ変わるしかない(笑)っと自分に言い聞かせていました。専門医の先生にまだまだ働きたいので歩ける様にして下さいっとお願いしたら、手術しか…。のお返事でしたので。ところが偶然にも午後にはこの本に出会い、今日読めて良かった!運命を感じました!お忙しいとは思いますが、さっそく伺います!本当にこんな出会い!ないですよね!嬉しくて長々と書いてしまいました。

b0052170_19511591.jpg
b0052170_21020547.jpg

症例2

1年半前にヘルニアと診断されて、腰から下半身にかけて慢性的な痛みが続いており生活に支障をきたしております。

平成28年(西暦20164 1回目のMRIの検査で、ヘルニアと脊柱管狭窄症があると伺いましたが、

脊柱管狭窄症で神経が圧迫されているのかの確認のため、ブロック注射を行ない一時的に神経を麻痺させた結果、痛みが全く感じなくなり、ヘルニアと脊柱管狭窄症だという診断結果が確定されました。

上記の結果をふまえ手術を検討しましたが、家族から手術よりも加茂先生の行なう治療法を薦められ、時期を考慮していました。


前略、4日間お世話になりましたAです入院前には、ともて気持ちがめいり、将来も不安になっていましたが、先生に治療していただいてから、痛みスイッチがオフになり始め、気持ちも穏やかになりました。

体を動かしながら、心もポジティブに生活してまいりたいと思っております。本当に有難うございました。


Aさんは入院されてトリガーポイント注射ですぐに症状がなくなりました。
お話を聞くと子供のころより緊張→痛みのタイプでした。(厳しい父親)
ヘルニアや脊柱管狭窄が痛みの原因になることはありません。
心理・社会的疼痛症候群=筋筋膜性疼痛症候群です。


疼痛学序説ー痛みの意味を考える Patrick Wall

椎間円板の役割について外科医の混乱は、突出した椎間円板を取り除く手術の割合が、国によって大きく異なることに反映されている。10年前に10万人あたり英国では100人、スウェーデンで200人、フィンランドで350人、米国で900人であった。この割合は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。



[PR]

by junk_2004jp | 2017-07-11 20:52 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)