心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2017年 09月 18日 ( 2 )


2017年 09月 18日

捻挫、打撲に即局所麻酔

私は足首の捻挫をした患者さんにすぐに局所麻酔(メピバカイン0.5%、3cc〜5cc)を強い圧痛点数カ所に注射します。もちろん承諾を得てですが。

注射は1〜数日間。注射針30ゲージ。

固定は軽く、なるべく短い期間。このような処置が治癒を速めます。

とにかく、痛みの悪循環を早期に遮断することです。それが引いては組織損傷の治癒にもいい影響を及ぼします。

強固な固定は痛みにも組織損傷にも悪影響を及ぼします。

軽い捻挫なら固定なしですぐに回復することもあります。

打撲でも骨折でもぎっくり腰でも腱鞘炎でも五十肩でも考え方は同じです。

痛風と偽痛風はステロイドを追加します。

痛みの治療は最優先すべきです。それが慢性痛になることを防ぎます。

組織損傷の程度や痛みの原因の検査はそのあとで!


[PR]

by junk_2004jp | 2017-09-18 08:59 | 急性痛 | Comments(0)
2017年 09月 18日

2013年01月号 健康

b0052170_08113102.jpg
b0052170_08132615.jpg

b0052170_08140873.jpg
b0052170_08151148.jpg


[PR]

by junk_2004jp | 2017-09-18 08:15 | Comments(0)